トップページ | 古今亭志ん朝の「文七元結」 »

2007年7月23日 (月)

赤坂宿の虚空蔵山

19_7_23_2中山道の赤坂宿は昔の面影を今なお残す素敵な宿場町で、そこに金生山と言う化石と石灰で有名な山があります
金生山には明星輪寺と言う真言宗のお寺があります
虚空蔵菩薩を祀ってあるため虚空蔵山と言われています


19_7_23_3虚空蔵山が好きで2週間に一度はお参りしていますが御本尊の虚空蔵菩薩を拝観した事は一度もありません
ひょっとしたら岩の中に祀られている本尊かも知れません

赤坂の町から少し車であがると化石館があり、そこの駐車場から虚空蔵山まで散策するのが楽しみです
左に伊吹山、右手に濃尾平野を望み、虚空蔵山までの15分程度の散策は森の中の散策でもあります

19_7_23_4参道は昔は茶店もあったようですが、今はお店は閉まっていて参道を歩いて来る人は散策を楽しむ人で多くの人は表門の駐車場まで車で入ってしまいます
境内は大きな銀杏の木と沢山の石像が祀ってあってお一つお一つの優しいお顔を楽しみながら虚空蔵山を楽しみます
表門には仁王様が祀られています
立派な仁王様です

19_7_23_1本堂は昔ながらの古い建築ですが瓦の立派さに驚いてしまいます
下履きを脱いで中に入ってお参りも出来ます
暗い岩堂のなかに祀られているのが虚空蔵菩薩さまでしょうか・・
お賽銭を入れて手を合わせると静かな心になれて日常の煩わしさを一時忘れる事が出来ます

何故かこのお寺と美濃の西国三十三カ所巡りの満願寺である谷汲山が好きでお参りをしています

|

トップページ | 古今亭志ん朝の「文七元結」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トップページ | 古今亭志ん朝の「文七元結」 »