« 最近聞く落語 | トップページ | MR社のDino206GT »

2007年10月22日 (月)

純・情歌

19_10_22_1これが最後と知りながら
深くあなたと結ばれて
あの日から愛せない
あなた以外誰も

ふいのあなたは通り雨
揺れて私は雨宿り
心まで濡れました
溺れるほどに

不埒な恋と
呼ばれようと恋は恋

人生もう一度だけあれば
あなたのため
祈りを込めて唄う
純・情歌

恋に焦がれて鳴く蝉は
どうせ七日の流れ星
短くも激しくも
女のようですね

きっとあの時あの橋を
いっそ二人で渡れたら
ゆきずりが一生の
絆に変わる

逢いたいあなた
せめて夢その中で

人生もう一度だけあれば
あなたのため
祈りを愛を込めて
迷わず唄う
純・情歌

Hu Hu Hu...

会社への運転中にiPodシャッフルから流れてきた「純・情歌」
歌詞を聴き込んでいたら・・・・

会社からの帰りもこの曲ばかり聴いていた

石川さゆりの素敵なバラード
演歌とは思えないなぁ

|

« 最近聞く落語 | トップページ | MR社のDino206GT »

コメント

「純・情歌」よろしいなぁ〜

僕の最近これしか聴かない曲・・・
これも純情です

曲名は「P」 もちろんスピッツ

全部それでいいよ 君はおてんとうさま
果てそうな時も 笑ってくれたよ
電話しながら 描いたいくつもの
小さな花 まだここにある
時は流れてゆく すべり落ちそうになる はぐれてなんぼの純情だけど

抱きしめた時の空の色 思い出になるほど晴れ渡る
こんなして再び会えたから 話そうとするけど何でだろ?
知らぬ間に戻される 恥ずかしき炎

ピー音で隠した 今じゃ当たり前の
古いコトバ 道を転がる
寂しくてイラだち 真夜中に駆け出す 孤独を気取る余裕もなく

君へと続く登り坂を すりへったカカトでふみしめて
こんなして 再び会えたから 笑おうとしたけれど どうしたんだ?
ぎこちなく おどけてる 情けなき命

抱きしめた時の空の色 思い出になるほど晴れ渡る
こんなして再び会えたから 話そうとするけれど何でだろ?
知らぬ間に戻される 恥ずかしき炎
知らぬ間に戻される 消せなかった炎

・・・
長々とゴメンナサイ
なんか あの女性の歌にきこえてしまいます。
草野マサムネの清涼感あふれる声が美しいバラードです。

投稿: cozy | 2007年10月23日 (火) 00時27分

うーん、意味しんな歌ですな・・・
何年か前に、間がさしたときのことを思わず思い出してしまいました・・・どうかしてた時期のことを ・・おはずかしい。
石川さゆりは「ウィスキーがお好きでしょ」が好きです、飲みにいったら思わず歌ってしまいます。

投稿: KEN | 2007年10月23日 (火) 01時26分

cozyさん
スピッツはそのうちに聴いてみます
自分は演歌が好きです
夫婦善哉の詩も大好きです
石川さゆりが好きなんでしょうね

投稿: マサヒ | 2007年10月23日 (火) 21時12分

KENさん
ウィスキーがお好きでしょ 
覚えていますよ(笑)
さゆり の名前で歌っていましたね
レンタルで探してもウィスキーがお好きが無いのです
また聴きたくなりましたよ

ニッカのウィスキーが好きです サントリーよりも(笑)

投稿: マサヒ | 2007年10月23日 (火) 21時14分

スピッツは
こういう過去の女性や恋愛を想う歌、
めっちゃ多いです・・

と ゆーより、そんなのばっか・・

で浸ってしまい涙流すのですゎ、

投稿: cozy | 2007年10月23日 (火) 21時32分

cozyさん
ロマンチストなんですよ
過去の女性も思い出に入れて何時迄も大事する方だから鑑賞から逃れられませんよ
でも それも良いと思いますよ
過去の女性の思い出の無い人が可哀想だと思いましょうね

投稿: マサヒ | 2007年10月23日 (火) 21時51分

マサヒさん、たびたび今晩は・・

今日、分かったのですが
過去の女性は僕をふったくせに、
未婚なのですよ・・・
結婚して離婚したのかも知れませんが、
3年前で 未婚 なのです!
処女じゃないとは思いますけどね、
だったら、なんでオレふられたのかな・・
なんて思って・・・
今日は一日ボーとしてました。
住所も電話もメールアドレス(携帯)も分かってしまいました・・・
むこうは何も思ってないでしょうけど、
昔の親しかった男友達くらいでしょうけど・・

でもね、僕以外にプロポーズされたのかな?
なんて思っちゃうと・・
何か落ち着かなくって ね・・

過去の女性って誰の事か分かるでしょ?

投稿: cozy | 2007年10月23日 (火) 22時38分

昨日のcozyさんのブログで書いてあった事はこの事ですか!!
でも処女ってことは絶対にあり得ないし、いろんな事があって失礼ながらcozyさんを忘れていた期間がその女性は長いと思いますよ
男が思うほど女性は男の事を思っていません

過去の女性は誰か分かりますよ(笑)
cozyさん
それ程思い込むと確かに気がめいるし落ち込むでしょう
たぶんcozyさんの資質でもあると思います

なるべく落ち込まないで現実的に行きましょうね
でもcozyさんは記憶を引きずる方なんですよね

投稿: マサヒ | 2007年10月24日 (水) 21時42分

>男が思うほど女性は男の事を思っていません
ですよね、僕のそう思います。
でも、再会したら(多分、ことわられるでしょうね)
彼女は何も思ってなくても
コッチは深く思ってるから、お茶と会話だけですみませんよ。
でも、それって本当に不倫になってしまいます。

今日は映画「クワイエットルームにようこそ」を観ました。
精神科の閉鎖病棟の話です。
やはり自分も少々精神的におかしかったのかと自覚しました。
彼女とは会わないことにしました。

ヨメサンはカンが鋭いので、まず感づくでしょう。
ささやかな幸せを大切にしたいです。

マサヒのおっしゃるように
現実的に行きたいです。
ありがとうございました。

投稿: cozy | 2007年10月24日 (水) 22時21分

マサヒさんご無沙汰しておりました お元気そうですね
cozyさんこんにちは。

’ウィスキーが、お好きでしょ’はおそらく石川さゆりのところでは見つからないかもしれない 私がずっと前に買った「Wisky!琥珀色の時間」というウイスキーをテーマにした歌ばかりを集めたアルバムに入っていましたよ なぜかバッハの無伴奏チェロ組曲第三番なんかも入っていてけっこう楽しめるアルバムです ジャケットも素敵で自分のHPにも使っていたりします 後で掲示板に貼っておきますね

>男が思うほど女性は男の事を思っていません

違います。女が男を愛するときはとても深いと思いますよ
でも、一旦心が離れるとなんの未練もなくなってしまいます。

投稿: 瑠奈 | 2007年10月27日 (土) 17時10分

瑠奈さん
ご無沙汰しています 元気は少ないです(笑)
むかし、レンタルレコード CDでなくレコードです
その時代に石川さゆりのべすとれこーでの中に入っていました
石川さゆりでなくさゆりとしていました
今ではその歌が入ったCDが無いのかもしれませんね

心はなれると女性は未練が無くなり男はいつまでも未練たらしいのでしょうね

投稿: マサヒ | 2007年10月28日 (日) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近聞く落語 | トップページ | MR社のDino206GT »