« 昔はこの辺りに | トップページ | 中観音堂 »

2008年2月10日 (日)

2004年8月22日の柳ケ瀬

20_2_10_19市内線が廃止になったのは2004年でしたから5年も前じゃなかったのです
市内に電車が走っている光景は今の光景よりもずっと文化的だと思いますが無くなってしまったのは仕方が無いですね

20_2_10_17赤い電車と言われた名鉄の有名な電車はこの型の電車ではなくもっと愛嬌がある形ですが次の機会にアップします
丸窓電車という優雅な白と赤の電車も走っていました
古い電車が当時は好きでしたが無くなると当時の最新の電車も素晴らしい形で未来的な感じがします

20_2_10_20夏でしたからビールに椎茸に鳥皮の焼き鳥です(笑)
市内線と揖斐線が無くなるというので最後の電車の姿を撮影にあの頃は毎週のように出かけてはビールを飲んでいました(笑)

|

« 昔はこの辺りに | トップページ | 中観音堂 »

コメント

過日は、温かいお見舞いのお言葉ありがとうございました。
薬を服用してから少しづつ快方に向かっています。
すぐにご返事書けませんでしたが、痛んでいるときのお言葉は嬉しいものです。(*^。^*)アリガトウ!!

過日、TVを見ていましたら岐阜の映像が。
伊吹山の麓の村あたりのこと。伊吹山にはたくさんの薬草が採れるので、地元の人は、冬に備えてたくさんの薬草を摘んで保存しておくのだそうですね。
ウツボ草の花までお茶にして飲まれるのですね。
夏山で見かけるイブキジャコウソウや種々の花々があんなふうに生活の中に取り入れられているとは存知あげませんでしたので、大変興味深く拝見しました。

それと、マサヒさんのブログの中で時折、拝見させていただく味わい深い一刀彫りの仏像。
円空さんの生地ならではの独特の愛着を皆さんがお持ちになっていらっしゃるのですね。

私も仏像を鑑賞するのが好きです。

マサヒさんの手に入れられた一刀彫りの仏像も不思議な魅力を讃えていますね。

マサヒさんが魅かれるのもそんなお土地柄も多少の影響がおありなのでしょうか。

マサヒさんのブログを拝見させていただいて、路面電車や古い建物の残る岐阜の町の魅力を少しずつ知ることができて嬉しく思っています。

マサヒさんは、岐阜のどの辺にお住まいなんだろう?なんてね。(^。^/)ウフッ

投稿: ベニマシコ | 2008年2月11日 (月) 12時30分

多少は落ち着かれましたか
あまり細かく気にせずにおおらかな気持ちで過ごす事が出来ると良いですね
持って生まれた性格にもよると思いますが、自分は最近はなるようにしかならないと思うようにしています
頑張るのは程々にして体を壊さず好きな事を少しでも楽しむための仕事や生活と思う事にしています
家族も大事、会社の大事、社会も大事でしょうが自分の体と心が一番大事だと思います
自分が楽しければ全ての事に多少は対処できますし、対処できないのは何をしても対処できないと考えるようにしています
対処できない時は逃げるのも有りだと思うようにしています

伊吹山はベニマシコさんが見られたのは恐らくこのブログでさざれ石の事を買い来ましたがその村のあたりだと思います
自分が住んでいるのは美濃でも以前は本巣郡と言われて今でも本巣郡と言われている所です
これでどんな町かすぐ分かると思います(笑)
それと昨日の市内線で自分の住んでる町の名前が道路案内で書かれています

円空仏は円空様のお生まれになった所が美濃の羽島ですから自分たちは子供の頃からなじみがあります
自分の部屋に飾ってある虚空蔵様は岡山の山田さんが彫られたたたき彫りで円空作に似ていますが、自分から見ると円空様の彫られた仏様とは全然違う物だと思っています
円空仏はごつく無骨なイメージですが本当は滑らかな彫り物です
円空仏は今では高すぎて個人で所有する事は無理です
昔の多くの家に所蔵されていて薪にされた事もあります
信じられない事です

かなり長い返事になってしまいました(笑)
美濃の国たより これからも書いていきますのでよろしくお願いします

投稿: まさひ | 2008年2月11日 (月) 19時30分

まさひさん、「自分の体と心が一番大事」って
まさにその通りだと思います。
自分を愛してない人は他人の事も愛せない、って言いますよね。
まず自分から始まる、ってことですかね。
そして焼き鳥、特に鳥皮は最高に美味しいですよね。

投稿: ちば | 2008年2月11日 (月) 23時53分

ちばさん
最近は仕事より休むように心がけたいと思っていますが・・・
駄目なんですね
自分を大事にはしています(^-^o)
休日はなるべく出かけて一杯飲むようにしています
自分が大事!!

投稿: まさひ | 2008年2月13日 (水) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昔はこの辺りに | トップページ | 中観音堂 »