« ブロンプトンのある風景 | トップページ | ブロンプトンのサドル »

2008年3月 9日 (日)

垂井宿

20_3_9_3垂井宿は赤坂宿の次の宿で仕事で通る時は赤坂からのバイパスで垂井宿の中は走りません
ずっと以前は赤坂から中山道を通って垂井宿を通って東海道線を横切ってなんて事をしていましたが今ではそんな走り方をする人はいないでしょうね
垂井宿は古い町のイメージが自分にはありませんでした
去年に垂井の泉でケヤキの巨木を見た時もそれ程古い町の感じがしませんでした
ところげあるブログで垂井の町を紹介してあるのを見て興味を持ちました
20_3_9_8
今日は垂井宿をポタリングです
走った距離は42キロ程度で5時間程で帰ってきました
写真を撮ったりノンビリと町中をポタしてですが楽しかった
思わぬ垂井宿の良さにびっくり!!
赤坂の宿よりもずっと良いじゃないですか

美濃の国分寺跡のコンビニで少し腹ごしらえをしました
伊吹が真っ白で間近に見えます


20_3_9_4相川の人足渡しを過ぎて垂井の町に入ったら驚きました
これほど昔の宿場のイメージが残っている所が多くあるとは!!
最初に驚いたのが旅館亀丸屋です
今でも営業しているなんて!!
確かに静かで気楽な旅館でしょうが、宿泊したら何をして過ごせば良いのでしょうか・・
ノートブックでも持って旅の日記でも買い手モバイルするくらいしか無いでしょうね(笑)

20_3_9_5_3一昨年に巨木巡りに熱中していた時に行った垂井の泉に再度行きました
ケヤキは早春ですから葉が全て落ちて哀れな老木の姿を晒していました
泉で漬け物の樽を洗っている婦人に「この水は飲めますか??」と聴いたら
「ここは無理ですがこの泉の裏の湧き水なら飲めますよ、この辺りは湧き水が多いから飲める泉もあります」

20_3_9_6早速お礼を言ってその泉を探したら直ぐに分かりました
お地蔵様が祀ってある綺麗な泉でした
飲むのは個人の判断で・・というような但し書きがありましたが全く気にしないで飲みました(笑)
美味しい水でした

20_3_9_7垂井の町を外れまで行ってみました
そこから見える伊吹は山頂がこれ以上関ヶ原の方に行ったら見えなくなる所です
真っ白な山頂をなだらかに見せてる伊吹山はまだ冬の装いです

って事で今日の垂井宿までのポタリングはここまで(笑)
まだ紹介したい所がありますので明日にでも

今日の走行距離は42キロ
Odo 170.3キロ


|

« ブロンプトンのある風景 | トップページ | ブロンプトンのサドル »

コメント

こんばんは
垂井ていいところですね、宿場町なんですね、こんな旅館みたいなところは好きです、昔でいう旅籠みたいなところに泊まるのはいいですね。垂井の泉てお地蔵様がいてご利益がありそうな感じです、伊吹山きれいすね、まだかなり雪が残ってるみたいでとてもきれいです、見る場所によって結構違ってみえるんですね。42Kて結構走られましたね・・自分はだいたいその半分ぐらいがちょうどいいかもしれません

投稿: KEN | 2008年3月 9日 (日) 22時06分

KENさん
垂井の町の江戸からの旅籠は泊まってみようと思います
恐らくそれ程の値段で派内でしょう
垂井の泉の水は残念ながら飲めません
でもすぐ近くの民家の湧き水がお地蔵様が祀ってあって飲めるんですよ
KENさんも水には拘って見えたはずでは・・・
伊吹は綺麗でした
伊吹は見る所によって姿が全然違いますよ
42キロ 確かにえらかったです
その内に電車を利用する予定です(笑)

投稿: マサヒ | 2008年3月 9日 (日) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブロンプトンのある風景 | トップページ | ブロンプトンのサドル »