« 垂井宿で見た家 | トップページ | Ferrari 250 GTO 1962 »

2008年3月11日 (火)

長浜屋の釜戸

20_3_11_1今は休息所として利用されている長浜屋の奥まで入ってみました
釜戸がありました
懐かしい!!
昔の自宅は土間と釜戸がありました
休息所の利用時間は確か夕方の4時までと書いてありましたが、出来る事なら宿泊もさせてくれると有りがたいですね

20_3_11_3火の問題が有るから無理に決まっていますが料金を取ってシュラフ持参の人に開放して欲しいですね
登山をする人ならその辺のマナーを心得た人が多いはずです
でもヤッパリ食事のゴミや泊まった後の掃除を考えると管理人が必要だし旅館になってしまいます
土間があって畳の部屋に上がって足を投げ出してノンビリ休むなんて最高の贅沢ですね

20_3_11_2長浜屋のすこし西に昨日のブログに載せた蔵の家が有ります
立派で大きな家が個人の家で今の使われているのに感心しました
こんな通りのある町は散歩しても楽しいでしょうね
垂井の町がそれ程有名でないのも有り難いです

|

« 垂井宿で見た家 | トップページ | Ferrari 250 GTO 1962 »

コメント

古い町並みの宿場町は全国に結構、ありますが、蔵のある宿場町は、少ないですね。
こういう建物は、いつまでも保存しておいて欲しいですね。
落ち着きますね。
マサヒさんの近くにはいいところがいっぱいありますね。
羨ましいなあ~。
こういう雰囲気大好きです。

投稿: ベニマシコ | 2008年3月11日 (火) 22時38分

いい町並みですね。
ポタリングに最適です。

ローロの在庫を購入されたらどうですか?
下手するともっと遅れる可能性もありそうです。

投稿: ozunu13 | 2008年3月12日 (水) 08時12分

ベニマシコさん
中山道が近いのですから宿場町が多いのでこんな所が見つかります
そちらも姫街道のあたりにこんな宿場町が多くないですか
いつまでも残って欲しいですね

投稿: マサヒ | 2008年3月12日 (水) 21時29分

ozunu13さん
じつはお金をほとんど先払いしてしまっているんです
家族の手前 ある時に内緒に払ってしまったのです
手付けを最初に2万円、今月初めに6万円を払ってあるのです
そんな訳で待つしかないのです
ローロって素敵なショップですね
ブロンプトンのパーツを買いそうです

投稿: マサヒ | 2008年3月12日 (水) 21時31分

いいすね!こんなところに泊まってみたい!と思います。昔京都北山の廃村の土蔵に泊まったことがありました、結構快適でした、少し廃村というので怖かったですが・・・それにしてもいい町ですね。それにしても大きい竈ですね、京都の実家にも昔ありましたけどもっと小さいやつです、おくどさんと呼びます。

投稿: KEN | 2008年3月12日 (水) 23時30分

KENさん
廃村で泊まったのですか
東海自然歩道で廃村が有るのですがさすがに一人では泊まる勇気がないです
昔の家って祖先の写真が飾ってるでしょう
それを見たら一発で失神する(笑)
おくどさん 美濃でも言いますよ

投稿: マサヒ | 2008年3月13日 (木) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 垂井宿で見た家 | トップページ | Ferrari 250 GTO 1962 »