« 揖斐川の名もない木 | トップページ | 山本和弘選手 »

2008年4月20日 (日)

カフェ・フランドールに再度

20_4_19_10お千代保稲荷から垂井まではまず揖斐川を超えないと・・・
気持ちのよい快晴ですが昨日までの雨で揖斐川は濁っています
輪中と言われる所を通り抜けます
関ヶ原方面からの西風が強い
美濃は琵琶湖からの風が伊吹山と養老山の間を通り抜けてくるので西風にかつ脚力が必要

20_4_19_11赤坂の金生山が見えてきましたが左に向かって垂井を目指します
伊吹山を見ながらの美濃のポタリングです
西美濃は伊吹山と養老山をどこにいても見る事の出来る所で滋賀に近い
西風は相変わらず強く真北に向かう時は風の影響が弱くなるが流される

20_4_19_12何とかフランドールに到着
帰りの距離を思うとノンビリは出来ないが帰りは追い風だからかなり楽に帰れる
前回も帰りは殆ど漕がなくても走る感じです
今日はダンプが少ないような気がします
高原のような所で伊吹からの風も気持ちよくほてった体を冷やしてくれます
パントはペーブフェンスにワイヤーチェーンで止めて・・・

20_4_19_13明るく気持ちのよい店です
狭いですがその狭さが心地よいです
山と渓谷を読んでいる間にコーヒーを煎れてくれます
純喫茶は美濃では少ないので豆もこれで多いのか少ないのかは分かりませんが他の喫茶店のようにブレンドのみよりはずっと素晴らしい
コーヒーに自分は詳しくないのが残念

20_4_19_14店の会話が山菜の話でしたから仲間に入れて頂きました
ミズ、アザミ、コゴミ、たらの芽、ノビル、ギョウジャニンニクの話になりました
ギョウジャニンニクは知りませんが後は全て自分は山菜のプロ(笑)
ミズは以前のブログで坂内で採ってきたのを書いていました
その後に隣の老夫婦と自転車の話になりパントをお見せしました(笑)

|

« 揖斐川の名もない木 | トップページ | 山本和弘選手 »

コメント

このお店は豆の種類は多いです すごくです

ペーパードリップは手加減、お湯の温度、豆の挽き具合、
蒸らしの時間、などで同じ豆でもがらりと味が変わります、難しいですが、それが又 面白いのです。

投稿: cozy | 2008年4月20日 (日) 23時04分

どうもキャノンデールのカズです。
僕は山菜が大好きで、この時期は必ず食べますよ!
で、ジョウジャニンニクですが、僕の出身の北海道では「アイヌ(ノ)ネギ」とも言います。
小学生時代は親と山に採りに行ったものです♪
太いもので直径1cmで、険しい斜面にいいものが生えています。
こちらは、おひたしがGOODですよ。

投稿: kazu | 2008年4月21日 (月) 15時54分

cozyさん
やっぱりフランドールは豆が多いですか
ペーパードリップでコーヒーを入れるように自分もやってみます
美味しいコーヒーを自分で煎れてみたくなりました

投稿: マサヒ | 2008年4月21日 (月) 20時29分

kazu選手
書き込み大感謝してます
ありがとう ありがとう

ジョウジャニンニクはギョウジャニンニクの事でしょうか??
こちら美濃ではギョウジャニンニクは山の方  白山の辺りでは採れます
kazuさんが山菜とは意外です
自分も山菜はけっこう採りに行っています

kazuさんのブログは見てますのでずっと続けてください
応援してますから
今月号のアップの写真と腰に手を当てた写真もgoodです!!

投稿: マサヒ | 2008年4月21日 (月) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 揖斐川の名もない木 | トップページ | 山本和弘選手 »