« The night before Agharta/Pangea | トップページ | 現実的にガンガン乗るなら »

2008年5月11日 (日)

関ヶ原まで

20_5_11_3昼前に雨が上がり路面も乾いてきたので本来ならコルナゴの初乗りなんですが大垣の「八福餅」の水饅頭が食べたいので大垣に行く事にしました
先々週だったか大垣に行った時は「八福餅」は閉まっていたので今日の昼からなら大丈夫だろうと目論んで・・・
大垣は大垣祭りで自転車で歩道を歩く事が出来ません
これほど多くの屋台と人と路上の山車の賑わいとは思いませんでした
「八福餅」は今日も閉まっています
老夫婦が営業されていたのでもう閉められたのかしら・・・
残念・・・

20_5_11_4という訳でこんな混んだ日は自転車は迷惑なのでフランドールに行こうと大垣を後にしました
水饅頭は「つちや」か「金蝶饅頭」のどちらかで食べるしかないかな・・
走っているうちに2週間ぶりの自転車ですが調子が出てきました
相変わらずの関ヶ原方面からの西風にはめげそうです
スピードが全く出ませんし橋の登り等気を抜くと止まってしまい押し戻されてしまいます
美濃は西風が自転車乗りに取って強敵です

20_5_11_5垂井も順調に抜けて関ヶ原まで来ました
以前にブロンプトンで来た時にある肉屋でコロッケを買おうとして11時前で買い損ねたので昼過ぎの2時過ぎなら大丈夫だろうとその店に寄りました
昼をかなり過ぎていたので店にはお客さんが一人いるだけでコロッケを販売しているか尋ねるとOKでしたが・・・
自分一人のためにわざわざ油を暖めて揚げてくれるそうです
申し訳ないので味噌串カツとコーンコロッケを揚げて頂きましたが値段は150円
待ち時間は15分程度
店の中で一人のために揚げてくれるのを15分も待つのは恐縮で時間が過ぎるのが長く感じました

20_5_11_6店の中で食べる所は無いし店の前で立ち食いも出来ませんので関ヶ原駅までビニール袋をハンドルにぶら下げて駅の構内で食べる事にしました
匂いがかすかに漂ってきて早く食べたくなります(笑)
関ヶ原駅の構内は小さな構内でキオスクは日曜で休みです
ベンチで一人で串カツとコロッケを食べてると旅愁を感じます
トレッキングの集団が名古屋まで帰るのでしょう10人程度来ました

20_5_11_7串カツは流石にお肉屋さんの串カツでお千代保さんの串カツのように衣の中に憎らしいのが申し訳ない程度に入ってるのとは大違いです
厚切りの四角い大きな肉が入っています
これで60円なんて絶対あわないと思ってしまいます
これなら昼ご飯を食べずに来て串カツを沢山食べた方が良かった(笑)

20_5_11_8コロッケは熱々で口の中がやけどしそうですが熱さもご馳走ですね
割ってみるとコーンだらけでジャガイモは気配さえ感じません
これで90円なんて絶対に勘定が合いません←こればっかり(笑)
近所なら夕飯のご馳走に買いにきてもお値打ちです
ここの肉屋は猪肉も熊肉も売っています
メスの猪肉は絶品と店内に書いてありました
落語の「池田の猪買い」で枝雀師匠が採れ採れのメスの猪肉が美味いと猟師が説明する所を思い出しました
猪肉をバーベキューで食べた事もありますしボタン鍋で食べた事もありますがメスの猪肉だったのでしょうかね・・・
猪肉は「薬食い」といって昔から食べていたようです
これも枝雀師匠の噺から・・・(笑)

150円で大満足の関ヶ原の旅でした
フランドールは帰りに前を通りましたが車が一杯だったので今日はパスしました

今日の走行距離は60.5キロ
最高速は55.4キロ
これまでのパントのOdoは365.2キロ

|

« The night before Agharta/Pangea | トップページ | 現実的にガンガン乗るなら »

コメント

美濃は昼から晴れたのですね、千葉は晴れたのはすでに夕方でした。
最高速は55Kもでるんですね!速いですね!
水まんじゅうは自分も大好物です、自宅の近くのまんじゅうやにあるのでたまに買いにいきます。
150円の関が原の旅というのがなかなかいいですね、関が原周辺は自分も好きです、行く機会があればいきたいと思います。

投稿: KEN | 2008年5月11日 (日) 21時44分

もともとコルナゴはスパルタンな自転車として有名なメーカーです。
ただ自転車の乗車姿勢も非常に関係があるので
いろいろ本を読んでみてください。
走行時手は伸ばさないで少し曲げるようにしているとショックはほとんど感じません。

投稿: ozunu13 | 2008年5月11日 (日) 21時52分

KENさん
千葉は夕方まで雨だったんですか
残念でしたね
水饅頭はそちらでも売っていますか
大垣の名産で有名になりましたね
関ヶ原に来るときは連絡ください ぜひ一緒に走りましょう
パントのスピードは50キロを超えるとハンドルが振れてヤバいです
小径車の弱点ですね

投稿: マサヒ | 2008年5月11日 (日) 21時59分

ozunuさん
今日はパンドで出かけました
大垣の街を水饅頭目当てで出かけたのでコルナゴではと思い
ビィンディングペダルを初めて使いました
部屋でコルナゴで連取していたんですが嵌めるのが難しく外すのは簡単でした
今日はパントで走っていてもビィンディングペダルのイメージで走っていました
パントもビィンディングペダルにしようと思います

骨盤を立てるの意味がよく分からなかったのですが最近分かってきたようなです
腕は地面に水平になるようにリラックスして持つようにしています
なかなか難しいですね
学生の時にドロップで3年間通学したのが役立ってるような気がします

あたらしいイタリアの自転車の完成を楽しみにしています
外国から良く見つけられると感心しています

投稿: マサヒ | 2008年5月11日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The night before Agharta/Pangea | トップページ | 現実的にガンガン乗るなら »