« 明日も仕事 | トップページ | 精鋭的な山スキーの方たち »

2008年6月 8日 (日)

岐阜県と滋賀県の境

20_6_8_3そういえば名神高速を走っていても岐阜県と滋賀県の境がはっきりしません
今須トンネルを過ぎたら滋賀県のようなイメージを持っていました

今日は先週のデジカメのカード忘れで写真を撮影出来なかった南宮大社の撮影ともし天気が持ちそうなら関ヶ原の峠を越えて今須宿まで走ってみよう

20_6_8_2朝の雨で出かけるの遅れましたが南宮大社には早めに着きましたので朱色の神楽殿の立派さをカメラに収めて満足です
この神社は金属の神様を祭ってある筈です
詳しい事を調べるのが面倒す(笑)
神社には各地で産出された鉱石が飾ってあります、間違っても展示とは言わない飾り方です
美濃の春日村の「さざれ石」のドデカイのが説明を書いた石碑と一緒に鎮座しています

20_6_8_421号線は大型等が通るので危ないから車が通らない中山道を垂井、関ヶ原を一気に抜けて難関の今須峠を超えれば一気に21号線に合流します
21号線を黒血川を越えて走ればもっと早いのですがあの急坂をブロンプトンで上るにはあまりにも危険です
なぜなら21号線も登坂車線になっていて大型の横を並走なんて決死の決意
写真の峠を登りきると下って21号に入りすぐに今須の宿です

20_6_8_6今須宿は思った程よく有りませんでした
山の中の宿場町ですが特に見るものもありませんのです・・・
引き返そうか・・・ そんな考えが頭をよぎりましたが、まだ時間も早いので美濃の国の終わりまで走ってみるかとポジティブな考えに移行です(笑)
柏原宿が滋賀県は間違い有りません
霊仙山には柏原から登っていますので柏原まで行く前に県境があるに決まってます
でも柏原の近くまでブロンプトンで良く来たものだと恐ろしくなりました(笑)

20_6_8_5今須宿をノンビリと走り抜け「車返しの坂」を過ぎて再度21号線を横切って「寝物語の里」あと300mの看板を横に見て走ると・・・
ありました!!
美濃の国と近江の国の境が!!!
国境は川というよりも側溝と言った方が良い綺麗な水が流れる溝でした

20_6_8_7初めて岐阜県と滋賀県の県境を見ました
伊吹山の山頂も県境で実際に登っていますがこの小さな溝を見た時の感激は・・・
ブロンプトンのような小さな自転車でここまで走ってきた事が凄く嬉しいです
近江の国は遠い国ですがこれで身近に思えるようになりました
柏原宿はここから1.5キロ程度行った所です
もちろん走ってきました
柏原宿や今須宿の事は明日以降に書こうと思います

20_6_8_8ロードの格好でブロンプトンに乗っていると気持ちがいいですよ
スポーツグラスは紫外線をカットして虫も目に入らない
METのメットも風が入ってくるし軽いので苦にならない
次はコルナゴでくるか!!

今日のブロンプトンでの
走行距離 65.1キロ
最高速  45.7キロ
今までのOdo 537.9キロ

|

« 明日も仕事 | トップページ | 精鋭的な山スキーの方たち »

コメント

県境を実際に見るというのは意外とないですね。

貴重な体験ですね。

これで次のターゲットは琵琶湖ですかね。

私も最近サイクリングパンツですが、走りやすさは抜群ですね。

もうジーンズで走れなさそうです。

投稿: tac-phen | 2008年6月 8日 (日) 22時09分

たとえ小径車でもメットをつけて乗っていると、
きちんと自転車に向き合っている人だなと好感を持ちます。
私はブロンプトンのときはなめた格好で申し訳ないのですが・・・
セルフポートレートなかなかいけてますね!

投稿: koyu | 2008年6月 8日 (日) 22時25分

tac-phenさん
そうですね 県境を実際に見る事は少ないですね
川が県境だったり山が県境というのが多いからこのような県境はなかなか見る事が出来ませんね
次は琵琶湖ですね(笑)
かえりは電車のブロンプトンで行く事になるでしょうね

サイクリングパンツ 良いですね

投稿: masahi | 2008年6月 9日 (月) 20時51分

koyuさん
最初はメットをかぶっていませんでした
だけど自転車が歩道を走るのが当然と思っている人が多いですね
幅寄せをするダンプや軽四の女性や老人などマナーの多い人がいるので危険を感じてかぶるようにしています

幅寄せをして車に信号で追いついて目が合うと逸らす気が弱い人が多いです
だったら幅寄せ等するなと思います
悪人面ですから(笑)

投稿: マサヒ | 2008年6月 9日 (月) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日も仕事 | トップページ | 精鋭的な山スキーの方たち »