« 長良川の清流 | トップページ | 雨の居醒の清水 »

2008年7月 3日 (木)

トタンに黒タール

20_7_3_1_2川原町はトタンに黒タールを塗った家が多いです
土壁も黒い家が多いです
トタンなんて安くって見栄えがしないと思っていましたが黒タールを塗ったトタンの壁は味があると思い始めました
建物に年代を感じます
朽ち果てる材料を手を加えて大事にしてるから歴史を感じるのでしょうか・・・

|

« 長良川の清流 | トップページ | 雨の居醒の清水 »

コメント

黒壁がいいですね。
ぱっとみたらトタンとは思えないですね。
川原町もすごく雰囲気があってよかったです。
鵜飼がはじまったら、夜はすごくにぎやかになるんでしょうね。

投稿: KEN | 2008年7月 4日 (金) 00時42分

黒タールのトタンの壁、トタンとは思えない味がありますね。

手を加え大事にされている心に感動しますね。

岐阜の素晴らしさをいつも楽しませていただき嬉しいです。

投稿: ベニマシコ | 2008年7月 4日 (金) 17時52分

KENさん
鵜飼を見るのも良いでしょうね
夜の金華山も綺麗ですよ
稲葉城がうっすらと輝きます
今度は金華山に登りましょうね

投稿: masahi | 2008年7月 4日 (金) 20時54分

ベニマシコさん
朽ちるものは美しいですね
セメントやプラスチックのように朽ちないものは美しさがないですね
朽ちるものを人が手を加えて残すから神社やお寺の木造建築物が時代が変わっても人に愛されるんでしょうね

岐阜だけでなくその地域にいろいろ美しいものが残ってるんでしょうね
美濃は幸い中山道や美濃路が有りますから古いものが残っています

投稿: masahi | 2008年7月 4日 (金) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長良川の清流 | トップページ | 雨の居醒の清水 »