« 寝物語 | トップページ | 早朝に長良橋まで »

2008年8月14日 (木)

大垣の湧水

20_8_14_1先日、カフェ・フランドールでお客さんが土建屋のシートパイル打ちの社長さんと友人が岐阜の水に付いて話をしてみえました
いろいろ聴いたりもして会話に入れてもらいました・・・
そのなかで驚いたのが関ヶ原の水や伊吹山麓の水は石灰を潜ってくる水だからカルシウム分が多過ぎて体に悪い・・と言っても毎日日常的に飲むのは良くないらしい
胆石の遠因にもなるとの事です

悟入谷を始めとした養老の水は山が石灰質でないので問題なく美味しい

以外だったのは大垣の湧水が揖斐川の伏流水で昔あった紡績工場が殆ど無くなったので水量も水質も昔の戻って美味しく安全

大垣に頻繁に行くようになったのは自転車を始めてから・・・
町中で歩道にあれほどの湧水があって美味しい水が飲めるとは素晴らしい事だと思います

明日、仕事が早く切りが付いたら大垣まで水を飲みに走ってこようと思います

|

« 寝物語 | トップページ | 早朝に長良橋まで »

コメント

oh~、この風景にも自転車合いますね。
可愛くて素敵!!
そちらは、アチコチ走ると湧き水があっていいですね。

水質について詳しい方に出会えて、勉強になりましたね。
私も学ぶ事ができました。(^-^)ニコ

自転車に乗りながら、
美味しい湧き水が飲めて最高ですね。

自転車がいいから、たくさん走っても疲れませんか?
日本製の折たたみと違って、ペダルを踏むのも快適ですか?
このように置いても絵になる素敵なお洒落な自転車ですね。
いいなぁ。

投稿: ベニマシコ | 2008年8月15日 (金) 06時17分

やはり大垣の水は最高でしたね。

確かに街中であの水を飲めるのはうらやましいです。

水は大切です。

体の大半が水ですから、その水の質は体質を決めるといってもいいでしょう。

仕事終わりによられて元気をもらってきてください。

投稿: tac-phen | 2008年8月15日 (金) 07時37分

大垣もいってみたいです。湧き水がいいですね、是非飲んでみたいとおもいます。
水もカルシウムが多いと腎臓に負担かけて胆石もということがありますが・・・日本の水ならたいてい問題ないと思います。
ヨーロッパの水ならやばいですね。
今度機会あったら大垣いってみたいと思います。
お盆も仕事ご苦労様です、現場から中の仕事に変わってほんとに休み仕事が多いし大変ですね・・・

投稿: KEN | 2008年8月15日 (金) 17時45分

ベニマシコさん
ブロンプトンに興味がおありですね(笑)
下のtac-phenさんもブロンプトンに乗ってみえますが彼はブロンプトンで一日に100キロ以上走られます
スピードも出ますし、安定しています
他の折りたたみ自転車に乗った事が無いので比べようが無いですが、長距離を走っても疲れませんよ
それにスタイルが走る自転車にみえないので坂がきつい時は歩いても大丈夫です(笑)

投稿: マサヒ | 2008年8月15日 (金) 19時04分

tac-phenさん
大垣はやっぱり駄目でした
そのかわりに朝早く長良橋まで走ってきましたよ
お馴染みの光景でしょう(笑)
明日も仕事ですが朝からの出社ですから上手くいったら早めに帰って大垣と考えています

投稿: マサヒ | 2008年8月15日 (金) 19時06分

KENさん
伊吹の麓に湧き出る泉を知っていますが多くの人がポリタンで汲みにきてみえます
飲んだ時も美味しい水でした
石灰岩で水が磨かれると思っていました
大丈夫ですよね!!

内勤が何時まで続くか分からないですが面白い業務です
CADばっかりですが・・・

また来てください 一緒に走りましょう

投稿: マサヒ | 2008年8月15日 (金) 19時09分

大丈夫ですよ、コントレックス、クールマイヨールのようにフランスの超硬水1300度なら飲みすぎると腎臓に負担がかかりますが・・それも幼児まではということですから、健康な大人が飲んでも全然平気です、まして国内の水で硬度1000以上の水はありませんから大丈夫です。
また、あつかましく美濃に行かせていただきます(笑)
今度は自転車積んでいきます。

投稿: ken | 2008年8月16日 (土) 02時02分

KENさん
今度フランドールで水の話になったらそう話しますよ(笑)
知識が無いからすぐ信じてしまいました
おっそろしく硬水でも体に負担がかからないんですね
安心して伊吹山の麓の水が飲めます
ありがとうね
ぜひ自転車で美濃においでよ
泊まりで来てゆっくりと華厳寺の旅館でも一緒に泊まって水巡りでもしましょう

投稿: マサヒ | 2008年8月16日 (土) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寝物語 | トップページ | 早朝に長良橋まで »