« モールトン親父さんとYさんとで洞戸村まで | トップページ | 曽井中島の馬頭観音様 »

2009年3月22日 (日)

千本桜

21_3_22_5モールトン親父さん達とカフェ「せきや」で昼をどうするかとなりました・・・
というのはこれから千本桜という坂を上って一気にしないに降りるのでシャリバテになったら大変なので・・・といってこの近くにコンビニは無いし「せきや」ではサンドイッチぐらいしか無いし・・・

21_3_22_4モールトン親父さんがこの先に一軒だけ喫茶店があるから、そこで腹ごしらえをしてという事になりましたが、こんな山の中の喫茶店ではと全く期待していませんでした(^-^o)
喫茶店の名前も写真に撮影せずにバイクを撮影して中に入りメニューをみて諸般の事情で・・と言ってもたいした事ないのですが(^-^o)
焼そば定食を注文しましたが、素晴らしくお値打ち
写真を撮れば良かった・・・
品の良い焼そば、茶碗蒸し、焼きおにぎり、味噌汁、ゼリー、etc・・・
値段もお値打ち 絶対に今度はロードで来る 激坂がある(^-^o)

21_3_22_2_2千本桜の長い長い坂を上って峠に出て一気の下り・・・
これはロードで来ると楽しい
YAMADAさんグループと一緒に走りたくなるコースです
激坂とお洒落なカフェと喫茶店・・・
hiroさんにお勧めコースです

という事で一気に山を下りてモールトン親父さんとは朝のコンビニで別れてYさんと2人で山県市に入って畜産センターの手前で自分は馬頭観音様を撮影するので分かれて、自分は彦坂トンネルの激坂にあえて向かって一気に下りました

21_3_22_3彦坂トンネルの下りでパントで最高速度を試してみましたがMax57.5キロ
まだ距離も有るがやっぱりタイヤが振れ出して美濃危険を感じて・・・
ありぃ・・・ 身の危険が美濃危険に・・・ コトエリのアホ(^-^o)
小径車はどうしても最高速度が700cに及ばないのはタイヤの小ささだと思います
登りなら良い勝負をするが・・・

って事でひょとしたらパントの今までの最高速度かもしれませんでした

今日のDst 82.02
Av21
Max57.5
いままでのパントのodo1523.3

|

« モールトン親父さんとYさんとで洞戸村まで | トップページ | 曽井中島の馬頭観音様 »

コメント

マサヒさん、土曜日はお疲れ様でした。
でも、絶好のツーリング日和で楽しかったですね。
ブログのレポートも大変お褒めを頂き恐縮です。
バイクフライデーは今回が始めてのツーリングでしたが、思った以上に走れ、大金が無駄にならず安心しました。
これでチネリのオブジェ化が更に進みそうです。
正直、私のサイクライフに於いて、レーパンやジャージは有り得ませんので、チネリに乗る時もこのスタイルです。
自分でも「似合わね~」と自覚していますので、そのうちにフェンダーとフラットバー仕様にでもしてしまいそうです(笑)
でも、マサヒさんには是非例の麻薬Bikeの世界にいって欲しいです。(岐阜にはお仲間がいなくて寂しいです。)
下記HPの「AM-Esprit Centaur仕様」なんてどうでしょうか。
但し、諭吉さんが70枚程必要ですが・・・。
では、また。
http://www.2-wheel.com/ayasecycle.htm

投稿: モールトンおやじ | 2009年3月23日 (月) 00時37分

モールトン親父さん
土曜日はありがとうございました
素晴らしい快晴でロングライドで来て良かったです

バイクフライデーは走りますね
ミニベロの16インチと高をくくっていましたがあれほど走るとは意外の意外です
これで来週のレースは結果が期待出来ますね

チネリ ますますオブジェクトですか(笑)
自分のサローニも・・・です

麻薬自転車 アヤセ 昨日見ました
やっぱり分割タイプだと10万円ほど高いですね
欲しい・・・(笑)

投稿: マサヒ | 2009年3月23日 (月) 21時10分

いやいや、マサヒさん、小径車の奥はカナリ深いんですよ~。
確かに、ある程度のスピードを維持するなら700cは遥かにラクですが(笑)
私事ですが、F68/R11のギアを組み《F1》という小径車をフルオーダーで造り、筑波の12時間耐久レースに出場した事があるんですが…。
カリカリのロードレーサーにバリバリの選手ばかり約10台のローテーションで先頭集団を引っ張る事も出来ましたよ。
参考までに、その筑波サーキット一周2kmでのベストラップは2分55秒。2時間置き6回の総走行距離123kmをトータルで3時間15分でした。

ちなみに、F1での最高速度は千葉県の産業道路で…平地/中程度(?)の追い風/車のスリップストリーム、でMAX67Km。その道だけの巡航速度は56Km。
目的地まで110km走った帰り道での事です。
その日は休憩と海水浴を含め行き帰りの総距離220kmを10時間でした。

パントでは平地でクルマの流れにのってMAX62km
今のギアはF65T/R12Tです。

マサヒさんの高速域での車輪の振れは気になりますよねぇ…振れ取りが完璧で、リムに問題が無く起きる様でしたら、バイクやクルマと同じ様にバランスウェイトでホイールバランスを整える事をお勧めします。
ちなみに自分でやるし

投稿: ヒーシ | 2009年3月24日 (火) 21時46分

続き…

自分でやるしかありませんが、巡航速度でのハンドリングと乗り心地も違ってきます。
ちなみに材料は板鉛と両面テープです。

700cだったら当たり前の様にラクな事が小径は苦手だったりしますが、上りとストップ&ゴーは得意ですよね(笑)
結局、乗り手に色々な工夫を求めてくる所が私は好きなんですね。
どMとも言い変えられますが(笑)
なーがながと失礼しました!
('-^*)/

投稿: ヒーシ | 2009年3月24日 (火) 21時58分

ヒーシーさん

ハッキリ言って凄過ぎます
小径車で筑波を走ったのも凄いし特別な小径車を作ってレースを引っ張ったのも凄いと思います
小径のF1はどんなマシンか凄く興味があります
小径車でMax67キロは、それも平地で多少の追い風とスリップストリームを考慮しても素晴らしいタイムです
自分は下りで全力で57キロでしたからヒーシーさんのタイムは素晴らし過ぎます

最近、自転車のクライマーは人が登るのが困難な道をロードで走るってことを知って、それもクライマーは体格が小さな人が多いと知って自転車の世界は凄いと思いました

自分のパントが振れるのは以前に島大橋という所でタイムに挑んで轍でタイヤが振れて55キロ程度で落車を覚悟したのが記憶から離れないので55キロを超えると躊躇ってしまいます
そのてん、700Cは安心して走れます

登りだけなら小径はひょっとしたら700Cより早いのではないかと思います(笑)

ヒーシーさん 凄い体力と自転車に対する知識に実践など素晴らしいと思います

投稿: マサヒ | 2009年3月25日 (水) 20時15分

マサヒさん…いくら何でも誉め過ぎです。
天の邪鬼で変わり者なので、逆に700cの方が安心出来なかったりしますし、自転車の事を語っていても決して!正統派ではありませんので注意して下さい(笑)
ミニベロ改造(愛用)歴はピクニカ(初代)から25年になりますが、その内700cに乗った時間は…きっと10%にもならず、逆にF1歴は20年(笑)
ね?変でしょう。

そのF1のカタチを簡単に説明するなら、車軸の位置は殆ど同じなのでパントを基準にしますが…車輪を小さい方の20インチ(直径485mm位)に変え、BBを地面から315mmの位置にして、トップチューブはファニーの様に前下がりに…って感じの自転車です。
F1ならではの特徴は…バンク角が深く、コーナーリング中からパワーを掛け始められる事で、パワードリフトの様に旋回力を高める事も出来ます。
乗車位置が高い事で自転車の上で自分のカラダをどの様に動かすかが挙動にダイレクトに反映される所もF1ならでは。
感覚としてバイクに近いハンドリング…って所です。

さて、話は変わって高速域での振れの件なんですが。やはり回転モーメントのアンバランスが原因だと思います。
また後ほど、また続きます(笑)

投稿: ヒーシ | 2009年3月26日 (木) 01時30分

ヒーシーさん

自分は自転車は全くの初心者なのでかのピクニカもどんなバイクか知りません
でもミニベロの良さはミニベロから自転車に入ったので分かりますし、ひょっとしたら700cよりもミニベロとのほうが長い付き合いになるかもしれません

パントのフレームはミニベロではモールトンに次いで好きです
トップチューブが前下がりだともっとカッコいいと思っています
フロントタイヤは今のままでリアタイヤがもっと大きければなおカッコいいだろうと思いますがシビアな挙動になるのかもしれませんね

F1 どんな自転車だったの写真で見てみたい気がします

タイヤの振れは持ち上げてまわしてみても振れはないのですが、実際に走ると振れるのではなく振れ出したら止まらなくなりそうな感じでヤバさを感じてしまうのです
700cではそんな感じは全くしないのですが・・・

投稿: マサヒ | 2009年3月26日 (木) 21時12分

20年前のF1にはぶっとくて重いスリックタイヤが付いていたので、パントとは比較にならない位凄かったんです…バイブレーションが。
お陰様イタイ目もバッチリ(笑)
それからしばらくして…スピードの上昇と共にハンドリングと乗り心地が悪くなる原因が理解出来たんです。
ラックに自転車を掛け、ギヤの調整をしている時…回転を上げる程高まる振動…コレだと思いました。
振れと言えば普通リム振れを指しますが、偏重による縦方向のバイブレーションがあったんです…。
コマの端に小さなオモリを付けたなら絶対マトモに回らない訳で、同じ様に偏った重心の回転物が縦方向で回転…ならば、前後/上下方向に悪影響を及ぼしても当然です。
それが前後にあり、しかも前輪は進行方向を決める役割がある…そして悪影響はスピードに正しく比例(笑)
そんな訳で、私はバランスウェイトの事を思いたったのですが、実際の所効果には個人(自転車)差があるでしょう(笑)

今のパントは…Fはメーターのマグネットをウェイト代わりで大体イイ感じ、Rは2ヶ所にウェイトを割り振ってバランスを取っています。

効果は…命には変えられません(笑)
('-^*)/

投稿: ヒーシ | 2009年3月26日 (木) 22時08分

ピクニカは…ブリヂストン初の折りたたみ自転車で、私はコレでビョーキになりました(笑)
マサヒさんの言う《リアタイヤが大きければ…》って感覚よくわかります!実際試した事もある位で(笑)格好はトテモヨイッ…感じですが、マサヒさんの想像通りです。
間違っても、上りや下りを走りたくはなりません(笑)
そういえば!マサヒさんは自転車病になって間もなかったのでしたね…すると、下りで最高速って…ソレは鉄人クラスのチャレンジャーだと私は思います(笑)
振れ始めると止まらなくなる感覚…マサヒさんのパントにいわゆるリムの振れは無いと思ってますよ。
《重さの偏り》があるのでは…と疑っているんです。
車輪単体が起こす振動が大した事無かったとしても、路面の凸凹やウネリによる振動と合わさって共振したり…回転モーメントのアンバランスによる振動が何かの要因をキッカケにして増幅し続け、Fタイヤの接地点が勝手に移動し始めハンドルが振れたり…。
700cは単純に言ってしまえば回転数が少ないので例え問題があったとしても無視出来るレベルで済むのですが、小径車では同じ速度でも回転数が高く、タイヤの重量も重いい為に、時としてシャレにならない問題になるんですよ…。

投稿: ヒーシ | 2009年3月27日 (金) 00時11分

ヒーシーさん

F1はスリックタイヤですか
本当のF1みたいですね 最近はスリックにF1も戻ったはずじゃなかったかな・・・
振れに横ぶれと縦ぶれがあるのはしってますが、縦ブレは想像外でした
スピードメーターの小さなウエイトがバランスになりますか

コルナゴサローニにキャッツアイのウエイトよりもずっと小さなウエイトが付属していました
理由が分かった様な気がします

小径車は小さなタイヤだから登りや瞬間の加速力は強い気がします
今野小径車は待ち乗りのスタイル優先のバイクばっかりでしょうね

アレックスモールトンに一度だけ載せてもらった事がありますが一発で気に入りました
自転車の最終はモールトンだなって自分で決めています
いつはと思っていますが高いですよね・・・・

投稿: マサヒ | 2009年3月27日 (金) 20時58分

二代目のF1迄は幅460mm位のスリックでした(笑)
そんなですからバイブレーションを知るのも、対策による効果もトテモわかりやかった訳です。
そんなだから看過出来ない体質になってしまいました(笑)
マサヒさんのおっしゃる通り、ミテクレばかりの小径車は多いです。
回転系や部品の精度やバランスに掛かるコストを削っている事で、一部の自転車は自己振動と部品精度の悪さから来る共振でキケンな乗り物に化ける可能性があると私は思ってますし、イタイ目にあっている人は実際の所結構いる筈です。
乗り心地/走り心地、小径車の場合は材料と部品と組み立て精度の《質》が実はシビアに反映しがちなんですよね。
その点モールトンはジョンブル魂の塊で素晴らしい自転車ですね。
小径車を知りつくしたからこそなのでしょう…それにしても高いんですが…だからこそ、マサヒさんを一発で納得させる品質が実現出来る訳で、仕方ないですよね…(笑)

投稿: ヒーシ | 2009年3月27日 (金) 22時52分

ヒーシーさん
スリックタイヤはそんなに太いタイヤだったんですか!!
太いと抵抗が大きい気がしますがどうなんでしょうか・・・
パントの細いタイヤを見てると抵抗が少なそうで最初は違和感がありましたが今は細いタイヤが好きです
自転車のパーツの精度はどんなんでしょうか??
意外に大雑把の様な気もしますし、でも精度が高いと思いたいですね

モールトンはファッション的にとらえています
あのトラスフレームとモールトン親父さんのモールトンに初めて乗った時のサスペンションの柔らかさに驚いてしまいました
年を取ってロードは辛いかなと思いますがモールトンならいつまでも乗れる様な気がしていつかはモールトンが欲しいなって思います

でも高いバイクですよね
お城のモールトンの一番安いエスプリが欲しいのですが・・・
年内は無理なので来年か再来年・・・・
先の長い話です

今年はMacとウインドウズマシンを両方とも新しくしようと思っています
本音はパソコンが一番の趣味のオタクなんです(笑)

投稿: マサヒ | 2009年3月28日 (土) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モールトン親父さんとYさんとで洞戸村まで | トップページ | 曽井中島の馬頭観音様 »