« The Legendary 1965 Recording | トップページ | 雨上がりの日曜日 »

2009年6月 3日 (水)

The Art Of The Fugue

21_5_31_4フーガの技法でグールドのオルガンが問題に・・・
自分としては、それ程悪くなく不思議な感じの音でオルガンらしくないオルガンの音と思えるのはライナーノートに書かれている知識の影響でしょうか・・・

ピアノのContrapunctus #1になってからホッと溜め息がでてグールドのハミングでグールドらしく世界です

Contrapunctus #9でピアノの音が変わるのが分かります
小さなシステムで聴いていますがハッキリと分かる装置でピュアオーディオです

なかなかジムランのD131+2420+075に置き換える事が出来ません
レビンソンはSP LE8Tを愛らしく鳴らしてくれます


|

« The Legendary 1965 Recording | トップページ | 雨上がりの日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The Legendary 1965 Recording | トップページ | 雨上がりの日曜日 »