« 雨が降り出す前に | トップページ | 石道寺の十一面観音様 »

2009年7月30日 (木)

星と祭り

21_7_30_1

湖北がこの小説の大半を占めていて残りがアルプスが舞台なので最近の自分にピッタリだと思って購入して上下ですが4日間で読み切りました

琵琶湖の周辺には十一面観音様が多く祀られているのは知っていましたが、小説の紹介してある十一面観音様が全て実際なら驚きの数で、保存のされ方も納得します

近江の仏を紹介した本を図書館で見て、多くの十一面観音様を拝観するのに電話で予約を入れないと見れないのが不思議でしたが「星と祭り」を読んで納得しました

織田信長や多くの戦火を逃れて十一面観音様がお堂で祀られていて地域に根ざしているような・・・今は人々に忘れ去られているような・・・

近江が観音様の国・・・特に湖西や湖北・・・中でも高月が「観音の里」と言われていますが自分が思っている異常の観音様があるとは驚きで一杯です

読みやすい文体と仏と死者がテーマですが湖北とアルプスが好きですから一気に読めました

作者の井上靖さんは渡岸寺の十一面観音様をこよなく愛されました

|

« 雨が降り出す前に | トップページ | 石道寺の十一面観音様 »

コメント

この本は読んだことがなかったのですが、なんとなくタイトルが気にはなってました・・・今度読んでみます。
井上靖は風林火山 氷壁など読みました。
ところで・・・
8月6日(土)はなにか予定ありますか?なにもなかったら日帰り登山でもどうでしょうか?
比良でもいいですし鈴鹿でもいいです、御岳さんまいりなどどうせしょうか・・・
また明日出張から帰ったらメールします。

投稿: ken | 2009年7月30日 (木) 20時55分

kenさん

氷壁は自分も読みました
登山する人なら読むでしょうね

8月6日では無く8月8日の土曜日でしょうね
休日を取るようにしてあります(笑)

出来たら行った事が無い比良が良いですね
早めに降りてどこかで食事と観音様でも見ましょう(笑)

って事で大丈夫です

投稿: マサヒ | 2009年7月31日 (金) 19時04分

はじめまして。突然のコメントお許しください。
私は大阪在住のプチビオラと申します。
以前に岐阜県は華厳寺のブログを拝見して以来、時々
お邪魔しておりまして、いつも読み逃げしておりました。(ごめんなさい)
しかし、今回、湖北に興味をもたれ十一面観音のことをUPされていますでしょ。
私も湖北はとても好きな場所。
ついに、コメントしたくなってしまいました。

湖北は家からは少し遠いので
あまり訪れることできないのですが、
今までに3.4回ほど行きましたでしょうか、
そのたびに湖北に、残ります観音様を訪ねております。
もちろん渡岸寺の十一面観音様のお姿は私も非常に感動しました。
一番のお気に入りは、竹生島の宝厳寺の千手観音なのですが、これはいつも拝観できません。
私のお勧めは、木ノ本町 高時川の上流、大見渓谷にあります、
「医王寺」こちらの十一面観音様は、とてもいいです。
小さくて古びたお寺で無人なのですが、連絡をすればちゃんと拝観させていただけます。
150センチほどのとても素朴で美しい観音様。間近で見せていただくことができます。
 井上靖が「乙女の観音さん」と言われたそうです。

「石道寺」の十一面観音様も見たかったのですが、この日、福井県と岐阜県の県境にあります
冠山から湖北へと下りてきましたので残念ながら時間切れで見ることができませんでした。
そのときの様子を書いたページによろしかったら他のブログサイトですが遊びに来てください。
http://myhome.cururu.jp/flowerme/blog/article/81002378215

本当に突然のコメント申し訳ありません。
お気に召さなければ削除してくださいませ。

投稿: プチビオラ | 2009年8月 1日 (土) 15時08分

プチビオラさん

初めまして・・・
華厳寺の事を読んで下さいましてありがとうございます
華厳寺は自宅から近いので頻繁に行きます

湖西や湖北に興味を持ったのは去年からロードを初めて友人に誘って頂いて湖西方面に何度も行ってから、もともと仕事でも舞鶴で今庄や小浜を何度も通っていますし、プチビオラのブログで書かれている徳山ダムも何度も行っていますし、303号線で滋賀県に入るので自ずと湖東でなく湖北で滋賀県に入ってしまいます

だから湖北は凄く馴染みが以前から持っていました
水上勉や井上靖は小説が好きで昔にかなり読みましたので小説の舞台の湖西や湖北が好きになりました

十一面観音様を知るようになったのは最近ですが、これから見に通ってみようと思っています

高時川の上流・・・
仲間が仕事で現場で行っています

高時川、安曇川、犬上川・・・仕事で馴染み深いです

プチビオラさんのお勧めの「乙女の観音さん」
たしか「星と祭り」に載っていました
いつか見に行きます

これからも十一面観音様の事を教えて下さい

投稿: マサヒ | 2009年8月 1日 (土) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨が降り出す前に | トップページ | 石道寺の十一面観音様 »