« 池田山クライム おっ!! 調子が良い(^-^o) | トップページ | 湖西の道 »

2009年7月11日 (土)

ギレリス

21_7_11_5

久々に本屋に行って水上勉の文庫本を探しに行ったのですが飢餓海峡以外は全く見当たらず水上勉はそんなに人気が無い作家になってしまったのかと悲しくなりました

本題のギレリスは、もちろんソ連・・・今ならロシアですが・・・1970年以降のギレリスの活躍していた時期はソ連でしたね

エミール・ギレリスで鋼鉄のピアニストと言われていてリヒテルと双璧のソ連のピアニストでした
自分はリヒテルは好きになれるのですがギレリスのソバカスの多い顔にどうしても親近感が持てずにレコードは買わずじまいでした

熱情がギレリスが1番で2番はグルダで3番がポリーニで選ばれていました
クラッシックのレコード名盤って特集のレコ芸の今月号で、この企画が6年も続いているのにビックリしました

ジャズは死んだ音楽でマイルスやトレーンが未だ現役で、それも良いと自分的には思っていましたがクラシックも全く同様です

名盤に選ばれているピアニストがバックハウスやギレリス、リヒテル、ミケランジェリ、フランソワ、新しい所でポリーニにアルゲリッチ・・・

クラシックも死んだ音楽で過去の演奏家を凌駕する演奏家が新たに出ないのでしょうか・・・

思うに落語もジャズもその始めに巨星達が多く出過ぎてその世界を完結してしまったと思うんです
後からの噺家さんが、いかに優れていようと鬼籍に入ってしまった巨星の噺家さんが未だ現役でその噺をCDなりで聴く事が出来るので比べると時代が違いすぎてどうしても遅れてしまいます

ジャズもマイルスやトレーンを始めとした多くの巨星が鬼籍に入ってしまっていますがその音楽はジャズの世界では今なのです

ついでに見たスイングジャーナルはキースが表紙でした
キースはもちろん生きていて大好きな演奏家です
ホッとしたのと同時にキース以降のジャズメンで巨星は今は誰もいません
キッパリと言い切ります
ジャズも過去の音楽であり過去が現在の音楽なんです

クラシックやジャズを扱う本が売れなくなるのも当然です
鬼籍の人を扱うしかネタが無いなんて・・・

でも、ここで書いたピアニストを始めジャズメンや噺家さんは今でも現役とハッキリ言い切れます
音楽はその瞬間に消えてなくなるとあるジャズメンは言いましたが彼の音楽は今でもCDで楽しめます

レコードはありがたいです

ちょっと思いつきで自分の趣味の音楽と落語について書きました
写真はグールドのフーガの技法
彼も鬼籍ですが現役で大好きなピアニストです

|

« 池田山クライム おっ!! 調子が良い(^-^o) | トップページ | 湖西の道 »

コメント

そうですね、キース以降は巨星はいないですね。
今生きてるJAZZの巨星はキース ロリンズ ハンク
ぐらいでしょうか・・
キースもほんと年取りましたね・・あの年でまだ唸り、立ちあがっての即興、すごい若いですよね。
次はいつ来日するのかと首を長くしてまってます。
いつも思うのですがJAZZのコンサートにいくと、みんな年をとってる人ばかりで自分は若造です・・これから年々JAZZフアンは減るばかりなんでしょうか・・

投稿: ken | 2009年7月12日 (日) 00時12分

マサヒさん、こんちゃあsunday♪
水上勉は若い人は知らないのでは?
大飯町にある若州一滴文庫も訪れる人が
少なくなって、運営に困っているようです。

ジャズだけでなく、ロックも年齢層が高いですよ。
ミックジャガーやキースリチャードはステージで
よく裸になりますが、60歳を過ぎてもパワフルで、
腹筋モリモリ、よく鍛えられたボディです。

村の渡しの船頭さんは、今年60のおじいさん~♪
年はとってもお船を漕ぐ時は~♪

昔は60でおじいさん扱いでした。

投稿: YAMADA | 2009年7月12日 (日) 13時37分

KENさん
すこしそちらに行かなくてごめんね
最近は滋賀県に行く事が多くなっています

ジャズファンは減る事は無いと思っています
新しいジャズファンが増えると思いますよ
新しいプレーヤーはあのフォービートをジャズとするなら出てくる事は無いと思いますが、マイルスを始めとした膨大な数の演奏を聴き尽くす事が絶対に無理でしょう
という事は個人でジャズを完璧に聴く事は絶対出来ないのでジャズはいつまでも大丈夫と思います

カインドブルーは今でも売れ続けています

キース やっぱり素敵ですね
キースを実際に聴いているKENさんが凄く羨ましいです

投稿: マサヒ | 2009年7月12日 (日) 16時41分

YAMADAさん

ミックジャガーって凄くカッコいいですね
顔が好きでロックはよくわからないのですがミックジャガーは大好きです
60歳でもあの腹筋や体は凄いですね
顔も全然老けていないし・・・

若い気持ちと体を持ってる人には年は関係ないかもしれませんね

YAMADAさんの後を走ってる時に凄いふくらはぎだとitazoさんと感心しました

投稿: マサヒ | 2009年7月12日 (日) 16時44分

残念ですね、ギレリスをお聴きにならないとは。
技巧的にも素晴らしいのですがその力強い打鍵、華麗さ、解釈力の素晴らしさ、などなど総合力では彼の右に出るピアニストは少ないでしょう。
20世紀を代表する偉大なるピアニストですので機会があったら聴いてみてください。

投稿: ばちりす | 2009年7月25日 (土) 21時36分

ばちりす さん

ギレリス 実は聴き始めました
ベートーベンKlaviersonate、ピアノソナ1,2,11,17,21,26
Grieg Lyric Pieces

明日にはアマゾンで注文したレコ芸で評された熱情が届きます

投稿: マサヒ | 2009年7月26日 (日) 18時24分

マサヒさん
おお、ギレリスを聴き始められたのですね。
すばらしい。
べトソナ、グリーグの「Lyric pieces」どちらも素晴らしい出来栄えと思います。
べトソナは個人的には7、8、12、13、14、26あたりもおすすめです。
リストやラフマニノフでも凄く華麗な超絶技巧を披露しておりますのでお時間がありましたらこちらもぜひどうぞ。

投稿: ばちりす | 2009年7月30日 (木) 23時07分

ばちりすさん

ギレリス 良いですね
この人の演奏を聴かなかったのは失敗でした
もっと速く聴くべきでした

熱情も届いて聴きました
素晴らしい演奏でした

ラフマニノフやリストも聴いてみますが意外にCDが再販されてないんですね
アマゾンで探しましたが・・・

投稿: マサヒ | 2009年7月31日 (金) 19時07分

マサヒさん
「Historic Russian Archives Emil Gilels Edition」というbox set(10CD)がなかなかいいですよ。ラフマニノフ、リストは勿論のことショパン、シューマン、ブラームス、プロコフィエフ、チャイコフスキー、ドビュッシー、ラヴェルなどなどが入っていて幅広くギレリスの演奏を堪能することができます。
あと「Great Pianists」というシリーズの二枚組のCDセット(ギレリスの場合は三巻あります)もかなり良いです。
これらはアマゾンでも買えるようですがHMVやヤフーオークションのサイトなどもご覧になってお得なものを手に入れられると良いと思います。

投稿: ばちりす | 2009年7月31日 (金) 21時48分

ばちりすさん

10枚セットですか・・・
さすがに買うのにも勇気がいります(笑)
でもギレリスのショパン どんな感じなんでしょうね・・
アマゾンでギレリスのCDを探すとなかなか以前に発売されていたCDが無いのですね

ヤフオクは送料や振込手数料を考えるとあまりお値打ちでないのでHMVは良く利用しています

国内版にはこだわって無くHMVでよく外国版を買っています

レコ芸でも・・今月号ですが・・再販してほしいCDなんて特集がありますね

ワルターのウィーンの時代のアイネ・クライネは探しているのですが、どうしても入手できません

再販はなかなか売れる見込みが無いと駄目ですね

投稿: マサヒ | 2009年8月 1日 (土) 20時41分

マサヒさん
ギレリスのショパンは弱々しかったり女々しいところの一切ないどちらかと言えばダイナミックな感じのする演奏ですね。
そもそもギレリスは短い曲を集めた「エチュード集」や「プレリュード集」などはあまり演奏しません。(特にショパンは。)
ソナタ形式の曲を演奏することが多いようです。
淡々と曲を弾き進めながらもところどころに彫刻を施し一曲聴き通すと見事な全体像が浮かび上がってくるのです。
しっかりとした構成力を持ったピアニストだから出来るのだと思いますが。

ところでヤフオクに関してですが廃盤になってしまったCDを捜すのにはいいかもしれませんよ。時々出てきますので。
あと、競合相手が出てこなければHMVやアマゾンよりかなり安く買える場合もあります。
ただ、中古品が主体ですので新品が良い方はやはりHMVかアマゾンなのでしょうね。

投稿: ばちりす | 2009年8月 2日 (日) 22時41分

ばちりすさん

ソナタですとやはり2番と3番ですか??
ギレリス 端正な演奏ですね
ショパンもやっぱり端正ですか・・・

ショパンですとアルゲリッチの女々しさが無くダイナミックな、それでいて奇麗なショパンが好きです

CDにかんしてはあまり傷とは気にしていません
HMVやアマゾンでないものでもヤフオクで手に入れる事が出来るなら利用したいと思います

先日、ヤフオクでウィーン室内合奏団のワルター・フィラーのバイオリンのある演奏が10,000円を超えたのに驚きました
同じようなのを探してる人もいるのだと思いました
もちろん諦めましたが・・・

投稿: マサヒ | 2009年8月 3日 (月) 20時58分

マサヒさん
そうですね、ショパンでCD化されているのはソナタの2番と3番が主だと思います。「英雄ポロネーズ」とかも単発的に入っていたりしますが。
ギレリスはショパンとかドビュッシー、ラヴェルに関しては若い時より年配になってきてからの方が良いようです。タッチも幾分やわらかくなり深みが出てきているように思えます。

ヤフオクは確かに希少盤だと値段が釣り上がりますね。
まあ、オークションである以上は仕方ないことなのでしょうが。
自分は「ここまでなら出せる」というラインを決めてそれを超える価格が出たらきっぱりあきらめるようにしています。

投稿: ばちりす | 2009年8月 6日 (木) 00時30分

ばちりすさん

英雄ポロネーズはアルゲリッチのCDにたくさん入っているしポリーニのポロネーズ集でも聴いています
だけど細工無しで演奏しているアルゲリッチが一番好きです
ドビッシーはミケランジェリしか持っていません
子供の情景の雪が踊っているのモノトーンのようでいて色の変化を感じさせる演奏がお気に入りなんです

ヤフオク 高くなるのもあればこんな値段で良いのってのもありますね

投稿: まさひ | 2009年8月 7日 (金) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 池田山クライム おっ!! 調子が良い(^-^o) | トップページ | 湖西の道 »