« 再エンコーダ | トップページ | 余呉湖 »

2009年7月18日 (土)

渡岸寺の十一面観音様

21_7_18_1

グランフォンド福井や琵琶湖半周のロード等で敦賀に向かう時に、いつも高月の向源寺の前を車で走っていて気になっていました
向源寺には井上靖や司馬遼太郎が紹介している十一面観音様が祀られています
そのお姿が高月の他の十一面観音様と違ってあまりに女性的なお姿で艶かしく大好きな十一面観音様で一度は拝観したいと思っていた観音様です

この連休は天気が全て悪そうなので何もしないで終わってしまうのはあまりに勿体ないので湖西に行きました
美濃の自宅から伊吹山周りで高月町までおおよそ一時間半で着いてしまいます

21_7_18_2_2

渡岸寺は思っていた以上に大きなお寺でした
静かな曇った空の下の色が沈んだ境内の中は、いかにも湖北のお寺の感じのする日で晴れた日でなく曇り空の下で訪れて良かったかなと心の中で自分に話しかけました

21_7_18_3

十一面観音様は宗派の関係で本道には祀れていませんで離れの拝観用のお堂に祀られていましたが、大事に祀られていて撮影は、もちろん禁止ですが後ろに回ったり意外に近くで拝観できました
撮影禁止は少し残念でしたが秘仏のようにして拝観させないお寺の事を思えば素晴らしい見せ方でした

21_7_18_4

十一面観音様の説明は最初は住職のようなお坊様・・本人は工学系の大学を出たといわれていました・・が説明をして十一面観音の重心が絶妙な計算で今でも解明できないと言われていました
レーザーを当てたり内視鏡で見たり・・・なんて言われていました

そのような事が専門の自分からすると引いてしまいます
たかだか2m弱の木造の重心が計算できないような工学系の人がいるのでしょうか(笑)

21_7_18_5

お坊さんの説明の後に学芸員の雰囲気の優しい人が新たに説明をして下さいましたが懇切丁寧に説明して下さって、とても聴いていて分かりやすい説明に、この人は本当に十一面観音様を愛されていて訪れる人に十一面観音様の良さを得々と説明されていました

自分の顔の方を何度も見て話されるので一通りの説明が終わってから、この方に気になっていた事を質問しました
「この十一面観音様は男性ですか女性ですか・・・」
「十一面観音様は性別が無いのですが後ろ姿を見ると女性ですね」
「腰の辺りが凄くエロチックで自分は絶対に女性と思って見に来ました」
「そういう考えを超越して観音様がございます・・・ でも女性ですね」
「ありがとうございます!! また拝観に来ます」

別れ際にお堂の外で写真を写させて頂きましたがブレてしまいました
笑顔の素敵な説明員さんでした

何度もこの十一面観音様を拝みにくる予感がします
ミロのビーナスを思わせる腰つきと女性に違いない端正なお顔!!
仏像芸術に疎い自分でも分かる美しさです

|

« 再エンコーダ | トップページ | 余呉湖 »

コメント

マサヒさん、おはようさんです♪
こういうコースに自転車で行ってみたいですね。
私のバイクはVOODOO号で、マサヒさんはもちろん
パントですよね。近江八幡にも行きたいです。
(まだしつこく言ってる!)
夏場は過酷なので、秋~紅葉の時期がいいですね。
今朝はショップの朝練ですが、天気が??

投稿: YAMADA | 2009年7月19日 (日) 06時42分

良いお顔とお姿の十一面観音様ですね、
聖林寺の十一面観音様と同等の美しさと色っぽさですね。
http://cozy-blue.jugem.jp/?search=%C0%BB%CE%D3%BB%FB

衣のドレープは洋服作りの勉強になりました。

投稿: cozy | 2009年7月19日 (日) 08時10分

YAMADAさん
近江八幡をあれからネット等で調べてみました
素敵な所で行きたくなってしまいました
ぜひポタリング気分で行きましょうよ
企画と楽しみに待っています

今日はそちらは晴れましたか・・・
美濃は雨の予想が全く外れて晴れでしたが、これが辛い
雨の確率が高いだけに家の中にいました(-_-;

投稿: マサヒ | 2009年7月19日 (日) 17時05分

cozyさん
ブログを拝見しました
仏像や観音様は女性的な姿のが多くありますね

衣のドレープですか・・・
この観音様の衣の波打った表現は素晴らしかったですよ

投稿: マサヒ | 2009年7月19日 (日) 17時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再エンコーダ | トップページ | 余呉湖 »