« フェンダーローズの殺気 | トップページ | 鳥喜多の親子丼 »

2009年8月30日 (日)

三週間連続の医王寺

21_8_30_8

今日も医王寺に行ってきましたので、これで三週間連続の医王寺通いです
今日の医王寺は友人の富嶽仙人さんと一緒ですから彼の事を知ってる人なら何故、医王寺に行ったか分かるでしょう

21_8_30_4

今朝は仙人さんと水鳥センターで早朝の待ち合わせで医王寺には9時に伺う事にしていましたが湖北町の喫茶店で珈琲を飲んで医王寺の景色を移してAさんを待つ事にしましたが、Aさんは自分たちより5分程度あとに来られまして・・・

「マサヒさん やっぱり今日も早く来てましたね」笑い顔で話してこられました

女性のAさんも直ぐに来られて、まるで親戚に来たように長話で・・・

「マサヒさん あなた方向音痴でしょう・・・いつも八草の方向を間違えてるよ」

仙人さんも笑って一緒に会話です(^-^o)

まだ医王寺の目的は書けませんが・・・
でも9月中には分かると思います

医王寺での仕事が終わって失礼したのは2時間半程過ぎていました
Aさん達は冷たいお茶とお菓子を用意して下さって有り難く頂戴しました

医王寺の十一面観音様の縁でAさん達と特別に仲良くさせて頂く事が出来て、これからも大見の里に何度も足を運ぶでしょう

更に・・・
その後に仙人さんと石道寺に十一面観音様を拝観に行きましたが、そこで自分が最初に伺った時の受付のおばさんが自分を覚えてくれていれ村の女性の様な十一面観音様を特別な拝観方法で見せてくれました
もちろん他の参拝者がいない時でした
それから話が長くなって、このおばさんとも仲良くなり石道寺も縁深いお寺になりそうです

湖北の十一面観音様の縁で2つのお寺が特に親しくなりました
ありがたいことです・・・・

|

« フェンダーローズの殺気 | トップページ | 鳥喜多の親子丼 »

コメント

マサヒさん、おばんですぅ♪
3週連続とはすごいですね。マサヒさんは
会話が上手なので、さぞ地元の人と仲が
良くなったでしょう(^^ゝ

医王寺の目的は何かなあ?

-------------------
紛らわしいですが、
渡辺淳一は小説家で、渡辺淳は画家です。

投稿: YAMADA | 2009年8月30日 (日) 21時04分

こんばんは。今日は一日「星と祭り」にどっぷりはまったいました。
富嶽仙人さんはプロの写真家さん?医王寺の十一面観音様の姿を撮りにいらしたのかしら?
私も、もう一度行きたいのですが、今は、本を読みながら医王寺の観音様に思いを馳せています。

9月は再び西国三十三箇所の観音めぐりを再開します。合間に、十一面観音めぐりもしたいと思っています。

投稿: | 2009年8月30日 (日) 23時25分

YAMADAさん

三週連続で医王寺に行ったのは用件もあったからですが管理人の人とお会いするのも楽しみでした

会話・・・ 自分は上手いですか??

石道寺でも管理人の人から話しかけられて来ました
話しやすそうな顔でもしてるんでしょうね(^-^o)

渡辺淳一とは違いますよね(^-^o)

投稿: マサヒ | 2009年8月31日 (月) 20時20分

プチビオラさん

「星と祭り」読んでいらっしゃいますか・・・
医王寺でも石道寺でも「星と祭り」の話題が出ます

湖北の十一面観音様はやっぱり井上靖先生の影響が多大だと思います

西国三十三箇所の満願寺の谷汲山は最後のお寺で自分が華厳寺の近くと話すと医王寺でも石道寺でも親しくしてくれましたよ

投稿: マサヒ | 2009年8月31日 (月) 20時23分

「星と祭り」只今中盤に入ったところ読んでます。加山が石道寺を訪れ、大三浦から十一面観音さまのリストを手渡されたところ・・・だんだんおもしろくなってきました。
いえ、それまでも興味深く感慨深く読んでおりました。
しかし、わが息子は今21歳の大学生。おまけに彼女は16歳(みはるちゃんは17歳でしたが)・・・なんの因果か・・昨日も車でデートに出かけましたがもう、気が気じゃありませんでした。車を貸してくれと頼まれましたが、どうもすんなり貸す事ができず、なぜ?聞かれても説明に困るので、しぶしぶ十分気をつけるよう念を押して貸しましたが・・・・どうも小説とダブってしまいます(笑)  無事帰ってきましたけれどね。

そうそう、石道寺の十一面観音様の特別な拝観方法って?ちょっと気になります。

投稿: | 2009年9月 1日 (火) 23時29分

ごめんなさい。昨日の投稿名前入れるのを忘れてました(^-^;

投稿: プチビオラ | 2009年9月 2日 (水) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フェンダーローズの殺気 | トップページ | 鳥喜多の親子丼 »