« 馬鹿の一つ覚えで池田山から沙羅林道 | トップページ | ヴァレリー・アファナシエフのブラームス »

2009年9月28日 (月)

新宮塚のムクノキ 2009年9月27日

21_9_27_7

以前のブログに美濃の巨木を見て来た記事を書いていました
その中で新宮塚のムクノキは県の天然記念物で自宅からわりと近いので田植えの季節や紅葉の時季のムクノキをアップしていました

なんにでも興味を持つので一時は巨木を見るのを休日の楽しみにしていました(^-^o)

って事で春日村から降りて来て揖斐町経由で帰るのが一番距離が短いので・・・
その途中の新宮塚にちょっと足を伸ばしました

なんとムクノキのまわりは彼岸花で真っ赤です
最初は奇麗な色と思いましたが・・・

新宮塚のムクノキは呪いの木です
彼岸花が血の色に見えました

といっても、そのような伝説は全く信じてないです(^-^o)
古い木は精霊が宿ってると思いますが精霊なんて信じてません
木が古くから生き延びて巨木である事に、その木に尊敬の念は持ちます

ムクノキ これから美濃は寒くなってこの辺りは雪も多いけれど頑張って寒さに耐えろよ

|

« 馬鹿の一つ覚えで池田山から沙羅林道 | トップページ | ヴァレリー・アファナシエフのブラームス »

コメント

マサヒさん、おばんですぅ♪
ムクノキの下に鮮やかな曼珠沙華ですね。
曼珠沙華をよく見ると、茎に花が付いていて
葉っぱが見当たりません。墓場や田圃の畦で
よく見かけますね。ホントに不思議な花です。

10月18日(日)ツールド池田です。
ちょっと遠いかな?

投稿: YAMADA | 2009年9月29日 (火) 22時31分

このクスノキの姿はすごいですね。
妖気が漂っている気配がします。
そしてヒガンバナですから 
呪いの木と言われるようになったんじゃないかな?
などと想像してしまします。
夜ですと怖いでしょうね。

音楽が変わりましたね
Intermezzo は間奏曲でしたか?
ブラームスなんてチェロのCDを1枚持ってるだけで
全く未知の音楽ですが、
この演奏は押し殺したような深い感情が感じられる良い演奏ですね。
ピアニストは?

投稿: cozy | 2009年9月30日 (水) 12時35分

YAMADAさん

彼岸花は葉っぱが無いから赤色が余計に強調されていますね
お墓にも良く咲いています
新宮塚のムクノキに彼岸花できれいですよ

ツールド池田 ちょっと遠いかな・・・
仕事が最近は忙しくなって今度の週末も全て出社予定で計画が立ちません

困っています

投稿: マサヒ | 2009年9月30日 (水) 20時18分

cozyさん

この新宮塚のムクノキは呪いで有名です
昭和29年頃にこの木の枝を折った農夫が枝が目に刺さって死んだ・・・
それ以前にもいろいろ祟りがあるって・・・
ネットで検索しても出てくると思います

背景の池田山と揖斐の山々を背にした古木のムクノキで素敵なんですが・・・

ブラームス なかなか素敵でしょう
ピアニストは・・・
ブログでは勘弁して下さい

うるさい人は音楽を流すだけでも文句を言います

でもブログを読んでいただくとピアニストは自ずと分かると思います
cozyさんがお持ちの新しいゴールドベルグを演奏しているピアニストです

投稿: マサヒ | 2009年9月30日 (水) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 馬鹿の一つ覚えで池田山から沙羅林道 | トップページ | ヴァレリー・アファナシエフのブラームス »