« 勘違いの能郷黒津 | トップページ | 酷道157号線 温見峠 »

2009年10月19日 (月)

黒津の集落は・・・

21_10_18_6

酷道157号線の能郷を超えてからの祠の多さと、その場所は断崖ばっかり・・・
路肩から下を覗くと・・・
高所になれてるが落ちると確実に死ぬ!!

21_10_18_7

道は通行止めで車が通ってないから小さな落石と秋なのでドングリが、たくさん落ちていてハイプレッシャーのタイヤがピシピシとドングリや小石を弾くがパンクが心配でスピードは全く出せません

21_10_18_8

30分でとても着けません・・・
上りはそれ程キツい所も無いけれどフロントインナーに入れました
っで!!

崖崩れの現場が見えました
工事看板に載っていた写真より大規模です

21_10_18_9

ネットで見たバイクを仲間で連携して川に降ろして崩れた場所を超えた写真と全然違っています
工事で山を崩してなだらかにしてロックネットと吹き付けをする予定みたいです・・・
絶対に自転車を担いで降りるのは無理・・・

ネットで見た西平ダムの堰堤が見えますし崩れた工事現場の先には工事事務所が見えます
ここさえ通り過ぎれば温見峠と福井に行ける・・・
がっ・・・

21_10_18_10

通行止めのコンパネは道よりハミ出して設置してあるから川側からバイクを担いで回り込むのは無理だし、もし回り込めてもガレ場が急勾配で渡れない
あと100m程の事が無理だなぁ・・・
木の吊り橋も見えるし、この先からはネットで見ると楽そうなんだが・・

21_10_18_12

ゲートの松杭につかまって下を撮影したが,こんな状況(-_-;
ここは直角に近く絶対にゲートの向こうから川に降りるかガレ場を無理して渡るしか無い

21_10_18_13

この状況では引き返すしかありません
来年は工事も進んでこのガレ場が通れる事を祈って戻ります

21_10_18_14

この辺りが根尾村黒津・・・
あのガレ場の先の黒津の集落は人がいるのでしょうか・・・
無人の集落のような気がします

温見峠まで、かなり近づいたのですが・・・
ここまで来ただけでも充分に満足です
帰りは落ちないように、お地蔵様に会釈で帰りました

YAMADAさんへのレポートになったでしょう(^-^o)

今日のCAAD9の
 Dst 85.0キロ
 Av 24.9キロ
 Mx 51.4キロ
 Odo2515.4キロ

|

« 勘違いの能郷黒津 | トップページ | 酷道157号線 温見峠 »

コメント

お!!これはひどい国道ですね・・・
乗用車一台ぎりぎりでガードレールなし・・おそろしいですね、写真からひしひしつたわります。
たぶん・・廃村なんでしょうね
こんな奥に集落があるというのもすごいですね。
久々に廃村に泊まりたくなりました(笑)
霊仙の醒ヶ井からの登山口のかなやというところに学生の時に泊まったことや京都北山の廃村八丁の土蔵に泊まったことがなつかしいです。

投稿: ken | 2009年10月19日 (月) 20時26分

kenさん

乗用車一台がギリギリですが以前はダンプカーが通っていました
ガードレールはもちろん無しです

黒津の集落は廃村になってる気がします
今年は今の状況では無理ですから来年にMTBで下見してからやってみます

廃村で泊まるって凄く勇気があると思います
以前に御嵩で廃村を写真撮影にオーディオの仲間と行きましたがお婆さんの写真を見た時にひっくり返りました
怖かったです・・・

仏壇が残ってたら気絶します(笑)

もし廃村で泊まる事があったら付き合いますのでよろしくね(笑)

投稿: マサヒ | 2009年10月19日 (月) 20時36分

マサヒさん、おばんですぅ♪
こりゃあすごい酷道ですね。必死?の探索、
ありがとうございます。川の中を進んだ方が
安心かもしれないですね。いよいよMTBが
楽しみかな? 猫峠の道路は登山者が
使っているようなので、日が長い来夏に
行ってみたいです。

投稿: YAMADA | 2009年10月19日 (月) 22時10分

YAMADA先生

今日は病院に再診で休みました・・・

YAMADA先生にゲートの先を見てくるように言われて行って来ましたが、必死というよりもお地蔵様が多く祀られていて不気味でした

猫峠の道はおおよそ分かりました
それほど危ない所は無いようです

以前は川の中の迂回路があったような事もネットで見ましたが今は全くありません

来年の事になりますがMTBも来ますので温見峠をやりたいと思います
ぜひ一緒に走って下さい

そちらに行って美濃に来ても良いです
事前に157号線が大丈夫か下見をします(^-^o)

投稿: マサヒ | 2009年10月20日 (火) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勘違いの能郷黒津 | トップページ | 酷道157号線 温見峠 »