« 上城田寺の林道 | トップページ | 文殊の里を抜けて »

2010年4月19日 (月)

華厳寺まで足を伸ばす

22_4_18_6

文殊の里で馬頭観音を撮影していて祭りの寄り合いの人に話しかけられ、更に馬頭観音のもっと素晴らしいと言われるの馬頭観音様に案内して頂いて・・・
これは後日書きますが・・・その後で走り足らない感じで華厳寺まで足を伸ばしました

華厳寺は桜祭りですが桜は少ししか残っていませんでした
F2を眺める人が結構いました
レフティの片持ちフォークがタイヤを支え無しのように見せていて、すれ違う人がかなり驚いて眺めます
ブロンプトンも眺める人が多いですがロードのCAAD9は駄目ですね(^-^o)
ロードだと邪魔者扱いの目です・・・

F2は愛らしいです(^-^o)

22_4_18_7_2

ようやく時間が取れるようになってF2に乗ってみてボトルケージはないし、サイコンを付けてないと言うよりもレフティはサイコンを付けれないのでキャノンデールが特別にサイコン用のアダプターを扱っているが在庫切れでメールが来ない
エアポンプもロード用ではMTBに間に合わないので買わないとと思っていて忘れている
無い無い尽くしのF2です

22_4_18_8

参道の甘味屋で桜のソフトクリームを食べて一服です

ふっと・・・
       F2のタイヤを見ると・・・

参道をF2を押しながら歩いてる時に桜の花びらを踏んでしまって・・・

葉桜になりかけている今年の華厳寺の桜に気持が

ハンナリ ハンナリ・・・

|

« 上城田寺の林道 | トップページ | 文殊の里を抜けて »

コメント

サイコン・・・
なるほど、ショックはブーツを履いているし、
どうやって付けるんですか??

谷汲山の門前街、いいですね♪
福井にも、有名な豆腐の田楽がありますが、
私は断然!谷汲の門前で食べるのが好きです。
生まれ育った地方の味噌の味が
恋しくなる時があります。

投稿: Fumi | 2010年4月19日 (月) 21時41分

Fumiさん

フロントフォークにアダプターを付けて取り付けますが在庫切れです(-_-;
スピードも分からないし距離も分からないがノンビリ走ってますので良しとします(^-^o)

谷汲の門前の田楽を食べた事が有るのですか

地元育ちだから赤みそは慣れてるでしょうね
福井だと赤みそかしら・・・

Fumiさんは岐阜育ちだから味噌田楽はよく食べられたでしょうね
谷汲コースを考えると言いながらサッパリでごめんなさい(^-^o)

投稿: マサヒ | 2010年4月19日 (月) 22時44分

マサヒさん、おばんですぅ♪
キャンノンデールF2は目立ちますよ!
射すが特殊なので、部品も制限されて
大変ですね。まあ、それが愛着になったりして!
谷汲寺、今年ぜひ行きたいです。よろしく!

投稿: YAMADA | 2010年4月19日 (月) 23時13分

マサヒさん、おばんですぅ♪
キャンノンデールF2は目立ちますよ!
サスが特殊なので、部品も制限されて
大変ですね。まあ、それが愛着になったりして!
谷汲寺、今年ぜひ行きたいです。よろしく!

投稿: YAMADA | 2010年4月19日 (月) 23時14分

http://kwskkkst.net/fox/l42ojm9
ちょwwww童 貞買ってくれるってのマジだった!!
初めてのおま〇こは、あったかくて気持ちよくて、なんか幸せだったw

次は包 茎のやつ試してみるわ

投稿: SHIN-1 | 2010年4月20日 (火) 13時02分

YAMADAさん

レフティはやっぱり一般的ではないですね
タイヤを外すにも工具が要ります

でも買ってよかったです(^-^o)
谷汲はぜひご一緒させてください
なかなか今年は仕事がうまく休めずまいっています

なんとかしますのでよろしくお願いします
見捨てないでください(^-^o)

投稿: マサヒ | 2010年4月20日 (火) 20時27分

おぉ~、とうとうF2発動ですね。
この素晴らしい赤のF2は、行った先々で映えますね~。
しかし、ポンプは早く揃えていた方が良いでしょうね。
まあ、ロードと違ってめったにパンクしないでしょうがね。
まあ、ボチボチと乗っていきましょう!

投稿: hiro | 2010年4月23日 (金) 05時55分

hiroさん

ようやくF2を使いました
でも山に入りましたがそれほどの山ではないのでYAMADA先生に馬鹿にされそうです(^-^o)

ポンプはすぐに買わないといけませんね
でも明日も出社でなかなか自転車に乗れません

ぼちぼちと行きますわ(^-^o)

投稿: マサヒ | 2010年4月24日 (土) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上城田寺の林道 | トップページ | 文殊の里を抜けて »