« 酷道157号線の鬱憤を晴らす | トップページ | 糞暑い美濃  温見峠顛末記 »

2010年7月22日 (木)

倉見七里

22_7_21_1

酷道157号線の根尾能郷から根尾黒津の区間は倉見七里と言われるマジに断崖絶壁のような所でを通っていて道幅も狭い所は車のすれ違いも場所によっては全く無理の区間もあります

去年の11月にYAMADAさんの指示で偵察に行ってきた時も根尾黒津の集落手前の崩落個所で道がバリケードでなく板柵で完全に塞いで通ることは全く不可能でした

今回の温見峠も酷道157号線の根尾能郷から根尾黒津は諦めていましたが時折ネットで調べる酷道157号線の情報も通れる情報は全く見当たりませんでしたが、あるサイトだけが今年の5月末にあの崩落個所の板柵がなく工事の合間の休工事の時にMTBを押して渡った写真がありました

自分も根尾能郷でゲートで5月末の工期の看板を見て6月くらいだったか偵察に行って工期が延びているので崩落個所は全く通れないと諦めていたのが・・・羨ましく幸運な人もいると妬みました・・・

木柵の写真はブログのここに・・・

工期の写真はブログのここに・・・

酷道157号線の「落ちたら死ぬ区間」は根尾能郷から大崩落の根尾黒津集落の間の距離にしたら5キロ程度の区間ですが、その区間を通らずして温見峠に猫峠を迂回して行っても価値は半減以下です

ずっと通りたかった根尾能郷から根尾黒津区間・・・

根尾黒津のゲートを超えて15分も走ると去年の11月に見た崩落工事現場の先の工事現場事務所と軽四のトラックが目の前に・・・

22_7_21_2

休日のため工事は休工ですが崩落個所は通れます!!

来て良かった!!
ここを通り抜ければ酷道157号線のメインディッシュを食べれます
あのサイトを見なければ、ずっと憧れだけで終わりそうな根尾黒津までの酷道157号線を実際に通る事が出来ます
それも歩いてではなくCAAD9に乗って走り抜けれるのです
道は細く砂利道ですがCAAD9で抜けました!!

22_7_21_3

大崩落現場のモルタル吹付が終わったばかりの下で・・・・

22_7_21_4

モルタル吹付の後のポケット式ロックネット工事のための丁張と思われます・・・

22_7_21_5

大雨の後の増水でもエメラルドグリーンの根尾川・・・
落ちたら助からない・・・
でも覗いてしまう

22_7_21_8

ついに根尾黒津までの未通過地点を通過しました
とても嬉しい・・・

22_7_21_9

工事の大半は終わったように見える大崩落区間
難工事だったのが分かります

22_7_21_10

工事個所を過ぎて嬉しさに浸っていましたが時間はまだ早いし、空が晴れてきました

さて・・・・ 思案です
このまま「落ちたら死ぬ区間」を通って根尾能郷に出て帰っても良いけれど・・・

心残りが・・・・
まだ猫峠の157号線出会いから温見峠までの道が通ってない
温見峠まで行きたい
行かないとあとで絶対に悔む
でも、ここまで来てまたあの距離を戻ってさらに温見峠まで行くのか・・・
ためらう・・・
ためらっても後で悔やむよりは戻るべき
YAMADAさんに報告をしたい・・・

自分は男です(^-^o)

続く・・・
続けて良かったのか戻って温見峠を目指したのが良かったのかアホはこの時点では知る由もない(^-^o)←アホ

って事で続く くどく続く・・・

大雨の様子が見える大崩落個所の砂防ダムの激流の写真・・・

22_7_21_11

って事で戻ってます (^-^o)

|

« 酷道157号線の鬱憤を晴らす | トップページ | 糞暑い美濃  温見峠顛末記 »

コメント

マサヒさんお久しぶり。

写真に有るような「林道」を見ると懐かしさとまた行きたい思いが募ります。

その後バイクはまだ眠ったままです。
オーディオを極める為に資金を使い果たしています。

オーディオもようやく「サトリ」の境地まで達して来た様で、欲しい物が随分と減少しました。

これからまた復活させたいと思っています。

怪我や事故のないようにお楽しみください。

投稿: しき | 2010年7月23日 (金) 01時59分

マサヒさん、おばんですすぅ♪
またまた温見峠偵察、お疲れさま~!
すごい、すごい、すごい、ありがとさん(^^ゝ
やっと実行が決まりました。あとは天気だけ。
暑い時期で熱中症が心配ですが、頑張って行きます。
たぶんお仕事が忙しいと思うので、お出迎えは
無理しないで下さい。時間があれば米原まで
行きたいですが、ちょっと無理かなあ?

投稿: YAMADA | 2010年7月23日 (金) 21時53分

しきさん

バイクで走ってる人は猫峠でも見かけましたが温見峠では見ることがありませんでした

おそらく温見峠を超えて大野市に走って行ってしまったのでしょうね

林道ツーリング バイクなら楽だろうと何度も思いました
セローぐらいを買ってバイクを再開してもいい気になっています

オーディオ しきさんは職業ですから極めることも大事でしょうね

自分は最近はリリークラウスをジムランで聴いています
邪道でしょうが気の安らぐ時間です

投稿: マサヒ | 2010年7月23日 (金) 21時53分

YAMADAさん

メール確認してますよ(^-^o)
多分、その日は大丈夫ですから「落ちたら死ぬ区間」を通って猫峠と157号線の交わるところで待っている予定です

ぜひ「落ちたら死ぬ」の看板の前で集合写真を撮りましょう
そこに素晴らしい馬頭観音様もあります

谷汲によってから大垣に行かずに米原に行くなら大丈夫だと思いますよ

勝負は温見峠までです
温見峠からは下り一直線で米原です(^-^o)

投稿: マサヒ | 2010年7月23日 (金) 22時26分

マサヒさん JBLでクラシックは私も同じです。

タンノイ等英国系のSPの高域の艶やかなのがクラシック向きと決め付ける事は有りません。JBLでもそれ以上の質感に出来ます。

JBLの音のキレ・ヌケの良さはJAZZでもクラシックでも使えます。生音に近い質感です。

カルフォニアの青い空のイメージでクラシックを楽しんでいます。

投稿: しき | 2010年7月23日 (金) 23時44分

これが崩落地帯ですか!車道の端がおそろしいですね
まだ崩れそうな感じしますね。これは恐ろしいですね。
バイクでも・・これは恐ろしいですね
昨日は八ヶ岳登山でした、日に焼けてひりひりしています、
今日も天気で朝から信州も暑く、今日はのんびりします
足ががくがくで背中も痛いので・・夕方善光寺詣りでも
いってくるとします。
鳥居峠また日程きめましょう!

投稿: ken | 2010年7月25日 (日) 10時37分

しきさん

ハーベスの小さなスピーカーが最近気になっていますが・・

なかなかお金がないし、今ある装置も場所をかなりとっていますのでオーディオ装置を新しく買うのも難しいです

D131のほうも鳴らすようにしたいんですが・・・

オーディオはもう少し年を取ってからの楽しみにしておきます

最近 モーツアルトのピアノソナタばっかり聞いています

投稿: マサヒ | 2010年7月25日 (日) 18時51分

kenさん

ここが落ちたら死ぬ区間です
車で通ることは出来ませんので美濃に来てくださった時に行くとなると歩くしかありませんね(笑)

八ヶ岳 暑かったでしょう
山は良いですね

長野は夕方は少しは涼しくなるのでしょうか
暑いのは嫌ですね

鳥居峠 近いうちにやりましょう
徳本峠もね(笑)

投稿: マサヒ | 2010年7月25日 (日) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 酷道157号線の鬱憤を晴らす | トップページ | 糞暑い美濃  温見峠顛末記 »