« 倉見七里 | トップページ | K525 »

2010年7月25日 (日)

糞暑い美濃  温見峠顛末記

22_7_25_1

去年は梅雨明けが有って無いような年で少しは暑さも我慢できたが今年の夏は男性的というか梅雨明けが早いし梅雨明け後が灼熱の暑さで嬉しくない(`_´o)

ニュースでも多治見や岐阜市や揖斐川町が日本一の暑さを毎日競い合ってる・・・
美濃は糞暑い(`_´o)
それも尋常でない暑さ・・・


22_7_25_2

って事で先週の日曜日に温見峠に行ったのは行った・・・・
折越林道と猫峠は大丈夫だったが猫峠から根尾黒津まで行ってしまって温見峠を目指したので根尾大河原を過ぎて温見峠の手前約1キロ付近で足が売り切れて完全に両脚がつってしまって高齢の・・・
違った・・・いや違ってない・・・恒例の立ちゴケ・・・ (-_-;

押したり乗ったりでなんとか温見峠に到着して嬉しさに浸って温見峠から帰ろうとした その瞬間にパンク!!!

目の前が真っ暗になり頭の中は真っ白になり・・・・
温見峠で、さあ帰ろうという時にパンクなんて信じられん(`_´o)

パンクには運がよくサイクリング中にパンクに装具した事は一度も無かったのが、よりによって温見峠のそれも岐阜県側の10mも行ってない所でパンクだなんて・・・

後輪からプシューって音で・・・・


22_7_25_3

さすがに場所が場所だけにブログネタに写真を撮影する気にも起こりませんでした・・・

それよりも まずパンクを修理する事で頭が一杯で・・・
タイヤを外してチューブを抜いてツール缶から新品のチューブを出して・・・
チューブをタイヤに填めて・・・

あかんわ!!!(-_-;

完全に頭が真っ白で写真を撮影なんて事も思い浮かばず・・・

って事で今日、パンクを修理する前の温見峠から帰ってきた状態のタイヤの様子なんですが、自転車をやっている人なら写真を見ただけで頭の中がが真っ白になったか分かるでしょう・・・

バルブが40mmのタイプでホィールから出が殆ど無い・・・(-_-;

チューブを填めて、それが分かった瞬間に空気がうまく入るだろうかと眩暈がしました

22_7_25_4

CO2インフレーターを持ってきたのですが上手くエアーが入るでしょうか??
恐る恐る一本目を入れてみたら・・・

失敗 (-_-; (-_-; (-_-;

案の定 バルブが短すぎてインフレーターに届かない・・・

もう頭の中は真っ白・・・

CO2タンクはあと一本しかない (-_-;
絶対に失敗は許されない・・・
失敗したらCAAD9は温見峠に放置して登山者にお願いして根尾樽見まで乗せてもらうしかない

写真なんて撮影する気もおきなんだわ

って事で細心の注意でもう一本のタンクを装填して注入!!!

上手くいった!!

って思ったら途中でCO2が漏れてタイヤには半分も入ってない (-_-; (-_-; (-_-;

タイヤを指で押してみたら・・・

死んだ・・・ エアなんて入ってないのも同然だがね (-_-; (-_-; (-_-;

でもママチャリでペタペタのタイヤで結構走ったことがあるので段差の所は降りれば何とかならないかしら・・・

多分走り出して直ぐにパンクするだろう・・・ するに決まっている・・・

でも帰らないと・・・ 根尾樽見まで戻れば樽見鉄道で自宅に帰れる
根尾樽見まで温見峠から確認した「落ちたら死ぬ」区間を戻れば猫峠や折越林道を戻るよりも時間は半分ぐらいで済むし「落ちたら死ぬ」区間は去年走っているので道も知っている

22_7_25_5

って事でヘルメットのアゴ紐を絞めるのも忘れて温見峠を下ります

洗い越や路面の悪い所は降りてCAAD9を担いで・・・
乗っている時間と歩いてる時間が同じ位でしたが仕方ない・・・
カーブではエアが少ないのでタイヤが捩れるのが分かります
石を踏んだ時にガンって衝撃で・・・もう駄目だ!!って感じますが意外にパンクはしませんでした

洗い越で大人のマムシが涼をとって涼んでいるので刺激しないように脇を通らせてもらって・・・
写真を撮れば良かったが、それどころでなくマムシは怖くないが無事に根尾能郷まで戻れるか・・・そればっかり気を使っていて・・・

大崩落個所まで戻ってきました

22_7_25_6

酷道157号線の真髄・・・「落ちたら死ぬ」区間
すれ違いの不可能なやたら落ちた現場でお地蔵様を祀って・・・ちょと不気味・・・

22_7_25_7

あのロックシェルター・・・
まだ倉見峠は先ですが先が見えてきた感じです

22_7_25_8

事故現場のお地蔵さんの地点
お地蔵様は現世の苦しみを死んでからも苦しまないようにと祀ってあるのです
もちろん、ここは落ちて亡くなられた箇所です
合掌・・・

22_7_25_9

戻ってきました!!!
タイヤはパンクせずに乗ったり押したり担いだりで時間がかかったが暗くなるずっと前に根尾能郷に戻ってきました

22_7_25_10

根尾能郷の通行止めのゲートに帰ってきました
勝負に勝ちました (^-^o)
明るいうちに戻れて良かった
クリートは新品でしたがボロボロ・・・でも帰れた


22_7_25_11

有名な看板の前で・・・

って・・・この看板は自宅の近くの北方警察で酷道を知るまでは酷道マニアに有名だと知らなかった・・・

無事自宅までCAAD9に乗って帰れましたが時間が凄くかかりました

この記事を書くのも凄く時間がかかりました (^-^o)

22_7_25_12

ロングバルブのチューブを買ってきましたが、パンクしたチューブもパッチを貼って直して・・・

美濃の強烈な暑さで汗ビッショリ・・・

思い出して書いてるだけでも疲れました (^-^o)

|

« 倉見七里 | トップページ | K525 »

コメント

わかった!

今度から予備にタイヤ(ホイール組済)を一本背負って走ればいいんだ!!( ̄Д ̄;;

あー、でも前輪後輪わからないか・・・

じゃあ、前後2本背負って・・・(。>0<。)

投稿: かわ | 2010年7月25日 (日) 20時59分

かわちゃん

そりゃ 良い考えだわ!!

スペアのスペアも考えて4本背負っていくわ!!

できるか(`_´o)

ってことで かわちゃん ロード乗ってるかい??

投稿: マサヒ | 2010年7月25日 (日) 21時28分

マサヒさん
こんばんは~ えらいことになりましたね!
それて・・山登りで穂高の岩場で両足が肉離れして
どうにもこうにもならへんわ・・みたいな感じなんでしょうね・・
いや・・くそ暑い中大変でしたね。
どうも、足がまだまだ昔のようにはならないのか、昨日も少し途中でやばい・・という感じの時がありました。
スクワットせねば・・

投稿: ken | 2010年7月25日 (日) 22時54分

ありゃりゃ、大変な顛末記があったんですね!
よくぞご無事で(^^ゝ
私はボンベを使ったことないんですよね。
いつもポンプでシコシコ空気を入れてます。
小型ポンプも予備に持っているといいのでは?
アンカーで携行するポンプはツールボトルに
入る大きさですよ。VOODOOにはフレームに
安物のポンプを取り付けています。

いよいよ今週になってきました。天気は?

投稿: YAMADA | 2010年7月26日 (月) 07時27分

パンク&修理が上手くいかずに、空気圧が低い状態ってなると
精神的にかなり不安になるのよく分かります、写真を撮っている余裕なんてあるわけがない!
(私も雨が降る山奥で似たような経験したことあります)

写真を見る限り157号線の復旧はまだまだ先になりそうなんだ~

投稿: ぼん | 2010年7月26日 (月) 11時49分

パンクしたチューブは高圧を入れるので使わないほうがいいですよ。捨ててください。すぐまたパンクします。

投稿: ozunu13 | 2010年7月26日 (月) 16時31分

kenさん

スクワットしてますか(笑)
あれは効きますが苦しいですね

え~っと・・・
パンクの例えですが・・・
ビブラムが奥穂で剥がれて靴紐で縛った状態で槍まで縦走する感じじゃないでしょうか(笑)

素晴らしい例えでしょう(笑)

毎日暑いです・・・

投稿: マサヒ | 2010年7月26日 (月) 21時46分

YAMADAさん

全く参りました(^-^o)

いよいよ週末ですね
仕事も何とかなりそうなので黒津あたりで待っていようと思っています

ぜひ決行しましょう

CO2リフレクターはもう使うことは止めます
携帯の小さなポンプでも何とかなると分かりました
あんな嫌の思いはもうこりごりです
ポンプが一番です

F2用に買ったトピークのポンプは強力ですよ
ロード用のも買おうかしら・・・

投稿: マサヒ | 2010年7月26日 (月) 21時50分

ぼんさん

山奥でパンクして上手く空気が入らないと写真なんて気が失せますよね

同じ経験をされたんですね

酷道157号線の開通はまだまだですね
崩落個所から根尾能郷ののゲートまでの「落ちたら死ぬ区間」の路肩はかなり損傷していてまだ工事されていません
まだ車が通れる状態ではありませんので当分通行止めのままでしょうね

投稿: マサヒ | 2010年7月26日 (月) 21時53分

ozunu13さん

チューブなんて値段は1000円程度ですから冷静に考えれば無理してパッチを貼ることもないですね

確かに捨ててしまったほうが良かったです

チューブはこれから2本携帯することにします
一本では心もとなすぎますね

素晴らしいバイクを作られましたね
いつも拝見しています

鉄のフレームの良さを教えられました

投稿: マサヒ | 2010年7月26日 (月) 21時56分

マサヒさん、もう無理はなさらないでくださいよ。
一人でそんなトコ行っちゃ・・・。^^;

運を天に・・・な状況
さぞ不安だったことと思います。
私だったらどうしたのでしょう?
気持ちが切れずに乗り切った事、素晴らしいです。

チューブ2本持って行きます。
よろしくお願いします。^^

投稿: Fumi | 2010年7月26日 (月) 23時18分

Fumiさん

大袈裟に書いてるだけですよ(^-^o)
走ってみると分かりますが道の悪い区間はごく一部で自転車なら快適な道です

ただ運悪くチューブが失敗しただけです
最悪の場合は登山者に乗せてもらうつもりでした

チューブ 2本が良いと思います
待ってますよ・・・

どこで待ってるかはメールします

投稿: マサヒ | 2010年7月27日 (火) 22時01分

いやー、実は最近全然乗ってないんですよ。。。TREK

涼しくなったら乗ります(汗

投稿: かわ | 2010年7月29日 (木) 20時30分

かわちゃん

せっかくトレックのようなすばらしいバイクを持ってるのだから乗らないと(^-^o)

何時か一緒に走りましょう
美濃は良いよ

投稿: マサヒ | 2010年7月29日 (木) 21時50分

マサヒさん 大変な目に遭いましたね。

しかし、そのリカバリーの仕方がすごい!!!
パワーに圧倒されます。

投稿: しき | 2010年7月31日 (土) 17時33分

しきさん

帰るしかないので仕方なしです(笑)
林道の走りはバイクだとパンクしたらロードより辛いですね

疲れました(笑)

投稿: マサヒ | 2010年8月 1日 (日) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 倉見七里 | トップページ | K525 »