« 坂本宿から追分宿まで 1 | トップページ | 坂本宿から追分宿まで 3 »

2010年11月17日 (水)

坂本宿から追分宿まで 2

22_11_16_1

横川駅を出てから坂本宿までは真っ直ぐな道だけれど中山道の案内の道標が全くないと言っていいくらいで駅を出て碓氷峠の関所跡に直ぐに東山道の案内看板が有ったのですが東山道方面は中山道ではなく普通に歩いたら絶対に間違えてしまいます

群馬県は中山道を大事にしてないのかしら・・・

22_11_16_2

それらしい宿場の名残のような建物も有るのですが道が車用の広い道で宿場として残す気持ちもないみたいで最近の中山道ブームで各家庭に煮売屋のような看板を付けていますが柏原宿のように様に全然なっていなくって却って惨めでした

22_11_16_3

これで「つたや」ではねぇ・・・(;´Д`)
普通の家に「かぎや」「俵屋」では味もそっけもない・・・

22_11_16_4

小諸、軽井沢の案内が遠くにきていることを実感します
美濃からは群馬県は遠い地です

22_11_16_5

廃線になった横川駅からの鉄道後の道で「めがね橋」に続く道・・・
多くの人が中山道でなくこの道を歩いていました
なんて名前だったかすっかり覚えていません (´∀`o)

22_11_16_7

国道18号線から離れて碓氷峠に向かう中山道の入り口・・・

「安政遠足」 何の事かサッパリ分からなかったがkenさんに教えてもらった
これより中山道は山の登山道となって中山道からイメージする街道歩きではなく標高差700メートルほどを登る登山道になります
ここを歩きたいが為に遠くから来ました

続く・・・

|

« 坂本宿から追分宿まで 1 | トップページ | 坂本宿から追分宿まで 3 »

コメント

マサヒさん
その廃線あとですが、「アプトの道」です、碓氷峠は急こう配なので、線路の中に歯車のはいった線があってそこをアプト式機関車が列車を引っ張って峠を越えていました。
群馬の宿場町ですが、高崎の一つ先まで歩きましたが
やはり同じように面影がなく、保存しようというのは
見られませんでした・・信州や美濃とは大違いです。
今、、出張から帰ってきました・・明日はまた東京に
出張です、今週はどたばたです。

投稿: ken | 2010年11月16日 (火) 22時54分

マサヒさん、こんにちは。
『安政遠足』全く知りませんでした。^^;
なるほど、日本初の行政主催マラソン大会ですかぁ。
さすがにマサヒさん達は競争はしないですよね(笑)
池田山で鍛えた御脚で、さあ佳境へ・・・^^

投稿: Fumi | 2010年11月17日 (水) 12時41分

kenさん

アプトの道でしたね
あれから写真を見ていたらアプトの道という看板の写っている写真を撮影してました

アプト式機関車 横川駅で有名ですね
kenさん 鉄道にお詳しいですね

群馬の宿場町は駄目ですか・・・

信州や美濃は上手く保存されましたね
保存されて、こんな時代だからその保存が宝になって街道ブームに役に立ちましたね

今から昔の街道の面影を作るって絶対に無理ですから良かったですよ

忙しそうですね
お体に気を付けてください

投稿: マサヒ | 2010年11月17日 (水) 20時31分

Fumiさん

安政遠足は知らなかったですね
武士は鍛錬でしょうが登山道を8キロ近くも走って熊野神社まで行くなんて辛かったでしょうね

自分たちは競争はしないですが、かなり早く歩きましたよ(´∀`o)

今年は全く池田山をロードで走ってないので駄目です(;´Д`)

投稿: マサヒ | 2010年11月17日 (水) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 坂本宿から追分宿まで 1 | トップページ | 坂本宿から追分宿まで 3 »