« 雪はちっとも溶けないし | トップページ | MTBのサドル »

2011年1月23日 (日)

あきさきら

23_1_23_1

何年も探していたセシル・テイラーユニットの「あきさきら」
フリージャズの真髄で日本での演奏

想像していた音楽と違わない・・・
セシル・テイラーはソロの方が好きだけどね
感想はもう少し聴き込んで書こうと思うけれど切れ目なしの2枚CDで90分をドンチャカでは辛いですね
マイルスのバンゲアやアガルタなら平気で90分以上聴けるけれど・・・

すこし聴いただけでも・・・って1CDは聴いたけれどセシルのテンションは高いね

って事で久々のジャズのブログだけどバックミュージックがリリー・クラウスのモーツアルトピアノソナタK332の第二楽章ね (´∀`o)

|

« 雪はちっとも溶けないし | トップページ | MTBのサドル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪はちっとも溶けないし | トップページ | MTBのサドル »