« HPに鳥越峠をアップ | トップページ | 金糞岳から白倉岳 »

2011年10月 5日 (水)

奥美濃の山と村の本

23_10_5_1

最近になってアマゾンで買った奥美濃のヤブ山と村の本・・・

越前と湖北の峠越えで徳山村や根尾黒津の記事は面白くも懐かしいなぁ
北アルプスには興味は全く無くなって身近な峠を登っている最近だけど短期間に山深い峠を幾つも越えたもんだと我ながら感心しています

峠越えは11月一杯が限界ですね
雪が深い奥美濃の山より養老山系をまた走ろうと思っています

次の土曜日は鳥越林道から見た金糞岳を登山です
熊が怖いので樹庵の登山に参加してきます

23_10_5_2

奥美濃のヤブ山は蕎麦粒山や三周ヶ岳を平気で単独登山していたのですが・・・
八草峠や高倉峠から蕎麦粒山をみて懐かしかったなぁ
熊が悪い 熊が怖い 熊さえいなければもう一度ヤブ山をやる

写真は八草峠から見た蕎麦粒山です

|

« HPに鳥越峠をアップ | トップページ | 金糞岳から白倉岳 »

コメント

マサヒさん
今週末はまた千葉に帰ることになりました・・
奥美濃の山、登りたい山けっこうあるのですが・・
脳郷白山とか小津権現とか
今年は昨年ほど熊はさわがれてないですが
やはりこわいですね
昔は鈴をつけてたら大丈夫と安心しながら一人で山に
入ってましたが、今はさすがにこわい
鈴ぐらいは何の役にもたたない、この前、東京の山道具
店の広告を見たら熊対策グッズで、鈴、カウベル
マスタードスプレー そしてなんと なた!
なたで戦えということみたいです、そんな根性
おいらにはない・・・

投稿: ken | 2011年10月 5日 (水) 22時43分

マサヒさん、おはようさんです♪
奥美濃の本、とうとうゲットですね!
これに芝村文治氏の「秘境・奥美濃の山旅」があれば
最強ですね。民俗学にも詳しくて、この本で調べて、
私は県境の沢登りにいきました(^^) さあ、どうする?

今年は山が豊作なのか、熊の出没は少ないとの
ことです。去年はこの時期、毎日ニュースになって
いましたが、今年はほとんどないです。

投稿: YAMA | 2011年10月 6日 (木) 06時50分

ヤブ山ですかぁ・・・( ̄◆ ̄;)

私はまだ地図もまともに読めないんで、
GPSでも無いと怖くて行けません。^^;
まあ、登山道がある山なら、とりあえずてっぺんに出れば何とかなりますか?
甘いか(笑)

投稿: Fumi | 2011年10月 6日 (木) 12時48分

kenさん

奥美濃の山なら何時でも付き合いますよ
自分も登りなおしたい山が沢山あります

熊ベルなんて本当に役にたつのかと甚だ疑問です
鉈が一番役に立つと思いますが実際になたで熊に立ち向かえるかとなると疑問ですね

熊スプレーも熊の鼻先にかける事が出来るか・・・

熊に合わないのが一番です

投稿: マサヒ | 2011年10月 6日 (木) 20時39分

YAMAさん

「秘境・奥美濃の山旅」はアマゾンでも中古本でしかないです
買おうかと思っていますが・・・

買った本を読んでもやっぱり徳山村は越前の文化の色濃い所
根尾大河原の辺りも越前の色濃い所
美濃からよりも険しい山道を越えても越前の方が近いからですかね

はまっています

熊はやっぱり山の実が豊作でも厭です(^-^o)

投稿: マサヒ | 2011年10月 6日 (木) 20時41分

Fumiさん

ヤブ山 美濃の山ならたいていはヤブ山ですよ
能郷白山の山頂さえもヤブが深いです
身動きとれない藪こぎをした事がありますが若い時です
奥美濃の山を全てやってやろうと若い時は山に入りましたが続かなかった(^-^o)

投稿: マサヒ | 2011年10月 6日 (木) 20時43分

ただ今、ヤブ山にハマっています(笑)
その本ももちろん持っていますよん
先日はとんでもないルートミスでエライ目に遭いました
踏み跡が皆無の道は難しいです、モンキークライミング(^_^;)
やっぱりルーファイが一番難しいので・・それも経験ですかね
今は余呉トレイルを繋ぐことと岐阜のヤブ山が面白いです
昨日もヤブ突入でダニに食いつかれ病院へ直行でした(笑)

投稿: みれ | 2011年10月 7日 (金) 09時55分

みれさん

いろんな事を突き詰める人ですね(^-^o)
ヤブ山に熱中ですか・・・

余呉トレイルは余呉湖の周りをMTBで走る事ですか??
面白そうですね 誘ってね(^-^o)

美濃のヤブ山は奥が深いので行くぞって決め込まないとね
アタイは最近はサッパリになりました

ダニは取ると歯が残るので医者に行くべきですね
気をつけましょう!!

投稿: マサヒ | 2011年10月 7日 (金) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« HPに鳥越峠をアップ | トップページ | 金糞岳から白倉岳 »