« 百々ヶ峰37回 | トップページ | ヤマガラ »

2012年10月 7日 (日)

雷倉

24_10_7_1

昨日の百々ヶ峰が意外に調子良かったので・・・

雷倉なのね

白倉谷から林道をずっとアホみたいに登る
ゴロゴロの岩の林道で登り難く押しが多くなる(;´Д`)

24_10_7_2
壊れた小屋
ネットの登山情報でよく見る
ちょっと離れた所から・・・
ブゥン ブゥン って単車のエンジンをキックで掛けようとして掛らない音のような・・・
3回ほど聞こえる
人なんか絶対にいない
動物の鳴き声のような・・・(;´Д`)

24_10_7_3
雷倉への分岐が分からず可なり行き過ぎておかしいと思って戻る
標高と時間をかなりロスしてしまった
一瞬 雷倉を諦めようと思った
分岐は戻ってひょっとしたらここかしらと悩んだ
Uターンするように左奥に入る 草が酷い 案内板ぐらい立てろ!!
ここで又も目の前の藪からブゥン ブゥン (;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)
絶対に獣・・・
猪だったら逃げるから熊???
アタイビビりまくり(;´Д`)(;´Д`)

24_10_7_4
雷倉 まだまだ遠い

 

24_10_7_5
林道終点っぽいがそうでない・・・
左の草むらを進むが心折れそうな藪(゜∀゜o)

24_10_7_6
ヌタ場 猪のヌタ場でしょうね

24_10_7_7
綺麗なブナの林道になる
・・・が距離が短すぎる

24_10_7_8
本当の林道終点
壊れた小屋に沢山置いてある境界杭

24_10_7_9
ビゴーレをデポして藪漕ぎで雷倉を目指す
とても担いで登る気力もないし急登すぎるし藪漕ぎで無理

24_10_7_10  
雷倉山頂 1168m

24_10_7_11

とりあえずドイターのザックとメットを担ぎあげた
ビゴーレをデポした所から山頂までは100mの高さもないだろう

ビゴーレを分解して山頂で組みあげようとも思ったが体力が無かった(;´Д`)
少し心残りだが雷倉をやったとしよう

下りは長いダウンヒルを楽しみました
これで小津三山の小津権現山と雷倉をやって残すは花房山
だけど花房山はMTBでは絶対に無理

24_10_7_13

久々のMTB登山だが思ったほど体力も落ちてなかった
楽しめた(^-^o)

 
 

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

|

« 百々ヶ峰37回 | トップページ | ヤマガラ »

コメント

二日連チャンお疲れさまです。
マサヒレポ以外に他のお方のレポ
も合わせて読ませて貰いました。

良い山ですね。
昔、徳山行く時良くこの横通過していたのに┐(´д`)┌ヤレヤレ

ヌタ場と言えば今日バスタブ大の
ヤツ発見してしまい
百々周辺に主居ると見ました。
(あとでヤマレコに写真付けときます)

投稿: HaaLeechu | 2012年10月 7日 (日) 23時28分

懸案の雷倉おめでとうございます。
ところで、ドイターの同じMTB用ザックを最近私も使っています。
メットホルダーのネットはありませんが、色も同じでビックリ!
10年使い続けたザックの臭いがこの世の物とは思えないほどになり
仕方なく買い換えたのですが、縫製も良く細かいアイディアがいっぱいで、ベトナム製だったか?出来の良さに驚きました。
「中国製、ベトナム製などマダマダ」なんていうのは、
本当に古いのですね。

投稿: まるこし | 2012年10月 8日 (月) 06時29分

HaaLeechuさん

雷倉とMTBでは記事は無いと思っていましたが以外にあるんですね
山岳縦走MTBは昔から読んでいますが雷倉が有りました
さすがに担いでますね
ヌタ場 ヤマレコを拝見しました
でっかいヌタ場ですね
金華山でも猪注意の看板が有ります
昨日 満願の湯の帰りにヘッドライトに浮かぶ大きな獣
成獣の鹿の雄でした
鹿やイノシシはどんどん射殺して食べて減らさないといけませんね

投稿: マサヒ | 2012年10月 8日 (月) 18時28分

まるこしさん

ようやく雷倉が出来ました
あと60m程度の藪漕ぎでMTBを担げなかったのを悔みます
あとタンポをやるのを避けたのも・・・
何時か再挑戦です
ドイター 自分も買って細かい所まで丁寧にに作って会ってベトナム製を見直しました
1万円ちょっとで買えるのはベトナム製だからでしょうね
安い人件費のベトナムに感謝します

投稿: マサヒ | 2012年10月 8日 (月) 18時31分

マサヒさん、久しぶりに会心のMTB山行では!
最後少し残念でしょうが、そんなに気にすること
ないですよ。私ならそれで十分(笑)

今年は熊出没情報が多いので、ソロで林道や
山は怖いです。熊に遭わないよう、大声で
歌う、ホイッスルを吹く、など...
登りでは鈴は頼りないのです。

投稿: YAMA | 2012年10月 9日 (火) 14時48分

YAMAさん

久しぶりのMTB登山でやりたかった雷倉で満足です(^-^o)
山頂まで無理して担ぎあげる体力は無かったです
でもメットを担ぎあげて十分です

今年は山でドングリが少ないので熊が出るってありますね
山でもこれ位の山が熊の恐怖です
熊を考えると山に入るのをためらいます(^-^o)

投稿: マサヒ | 2012年10月 9日 (火) 19時52分

☆ マサヒさん。
暑い夏に残念無念ながら! 撤退なさった雷倉 初登頂、おめでとうございます。 OZZ集落の最後の橋から 約4㎞、鎖のゲートを越えると、おそぎゃぁ勾配の連続する林道前半の始まりですね。 最初は ホンッッットにきつい勾配ですが、中盤だとヘアピンくねくねの やや緩いコォスで、途中 又もやゲートとトラップ道 (小生も昔間違えました)!・・・満願の湯でお話を伺っておりますと、小生の長女が生まれた年 (10年まえ)に 1回だけ途中までRUNで駆け登ったキツい記憶がよみがえります!
今年、降雪まえに、勇気出して 今度は山頂キッチリ拝みにRUNしようかなぁ?

投稿: 山口@揖斐っ子 | 2012年10月 9日 (火) 23時44分

山口@揖斐っ子さん

日曜は満願の湯でお付き合いありがとう
サウナ気持ちいいですね
白倉谷からの林道をトレイルされたことが有るって聞いて驚きました
書いてある通りです
タンポをやるためにもう一度白倉谷林道を走りたいです
美濃の雪は深いですから11月末までが勝負でしょうか
コースが分岐が多く間違えやすいですね
ぜひ走ってレポートをお願いします

投稿: マサヒ | 2012年10月10日 (水) 19時59分

マサヒさんご無沙汰です
ここのところ、忙しくて家でパソコン開ける暇もなかった
です。
3連休は雷倉ですね、名前は知ってましたが藪山ですか、
とりあえず初登頂おめでとうございます。
ぶんぶん?猪では?
熊かも、今年は長野で駅近くまで熊がでて以前住んでたアパートの横の川をあるいてたとのことニュースをみてびっくりまさしく以前の通勤の道
やはり今年も熊は異常さをみせてますね、新人類、いや新熊類世代の熊でしょうね。
自分もチキンなので一人で行く山はこの時期は人の多い山ときめてます・・冬眠するころ山活動本格的です。
この休みは親を連れて善光寺詣りでした、久々の長野でした。

投稿: ken | 2012年10月10日 (水) 23時37分

kenさん

忙しいですか・・・
自分は程ほどになってきました
雷倉は小津三山で一番深い山です
一応林道が有りますが廃道で藪漕ぎの林道です
雷倉は根尾側から登山が一般的です
猪かもしれませんね
熊は怖いです
今年は山でドングリが不作で熊が出るらしいですね
でも高き山にはドングリが無いからかえって熊に遭わないかもしれません
長野 良いですね
全工事行きそびれてしまいました
長野オリンピックの時に嫁と善光寺に行きました

投稿: マサヒ | 2012年10月11日 (木) 20時14分

先日白倉谷林道から雷倉行って来ました、行き1:40分で帰り1:20ほど、まぁ長い長い林道でした。動物にも遭遇しない静かな山でしたね。登りは休憩なしノンストップ、下りはJOGで爽快に下山しました。

投稿: kame32 | 2014年4月29日 (火) 20時29分

kame32さん

始めまして
雷倉にジョグで行かれたんですか
よく走れましたね
下りは石の林道で大変ではなかったですか??
雷倉の林道は雪が残っていましたか
ブナが気持ちよかったでしょうね

投稿: マサヒ | 2014年4月29日 (火) 21時10分

お久しぶりです。
今年は花房~雷倉の縦走を少し雪のある時期で考えてます。小津権現~花房は3年前にしてやってます。

2014年の雷倉は行き止まりの林道手前で道を塞ぐように残雪がありましたね。

揖斐の山はまだまだ行ってないところ多いですね、坂内方面も行きたいですね。

投稿: KAME32 | 2016年1月17日 (日) 17時00分

KAME32さん

小津権現山から花房を歩かれましたか
自分は全く駄目です
雪の時期に雷倉も怖いです
奥美濃の山の冬は気をつけてください
自分はMTBですから行きの少ない山で充分ですね

投稿: マサヒ | 2016年1月19日 (火) 20時05分

家からMTBで移動し山登りは凄いですね。
継続されているのも真似できないですわ。
体力あればそれこそ家から歩いての近場の山行が環境にいいですね。
小生養老山脈(沢田~多度)日帰り2年前にしてますが、
先日数人を連れて沢田~川原越えまで半分弱を歩いてきましたよ、中々の展望でした。

投稿: KAME32 | 2016年1月19日 (火) 23時45分

KAME32さん

MTBの時は車にMTBを積んで現地から走ります
とてもMTBで自宅からは無理です
一之瀬を登って多度までライドしたのは数回あります
山蛭が多い山脈だから夏は避けたいですね

投稿: マサヒ | 2016年1月24日 (日) 14時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 百々ヶ峰37回 | トップページ | ヤマガラ »