« 花房山はいつになるかなぁ | トップページ | 根尾の入り口まで »

2013年5月18日 (土)

百々ヶ峰86回

25_5_18_1

明日の日曜は雨模様
さっぱり運動をしてないので出勤日の土曜日だったが午前中で仕事に切を付けた
CAAD9で走ろうかと思ったが会社から百々ヶ峰に直接行った
クルマにアゾロとドイターを事前に入れておいた (^-^o)
百々ヶ峰は新緑が濃い緑に変わっていた

 

25_5_18_2

糞暑くって山頂でポカリ
これで止めようと思ったが松尾池に下りた

 

25_5_18_3

岩場の手前で特徴のあるスタイルで登ってくる人が・・・
K林師匠です
半年振りくらいの再会
「K林さん 写真ありましたか!!」
「おう!! 有った 有った 知り合いが登山記帳に写真があると教えてくれた!!」
ちょっとホッとしました

自分が百々ヶ峰にのめり込んだのはK林師匠に会ってから・・・
お元気な姿にホッとしました

松尾池に下りて登り返しての百々ヶ峰86回
久々の百々ヶ峰にバテタ (-_- ;

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

|

« 花房山はいつになるかなぁ | トップページ | 根尾の入り口まで »

コメント

百々ヶ峰86回ってこんな道だったんですね。
いい雰囲気です。

熊は、嫌ですね。
私も常に熊だけは嫌だと思いながら走ってますが、
本当に出そうで怖いと思う時は片手にドライバーを
握って走ります。
あちらの一撃で自分はヤラれますから、
こちらも最初の一撃で仕留める以外ありませんから、、
残酷ですが、怪我をする気も死ぬ気もありませんので
その時はそうするしか無いと思ってます。
でも、常に音を出して、存在をアピールして、出来れば合わないに越したことは無いと思ってます。
無駄な殺生は嫌ですから、、。

投稿: タマチャリン | 2013年5月18日 (土) 20時05分

今日は意外に運動に良い天候でしたね。
私はmtbで神戸&大野の
バラフェスタに行ってまいりました。
途中、日吉大社経由『夜叉堂』へ
石原さん又お留守でしたが親切な人に
裏から正式に入れると聞きいざ裏へ。
(こりゃわからんわ)
どっかの料亭みたいな入口から中へ、
そして念願のお参り。
(庭とご自宅もお金かかってますね)
さて帰ろうかと正面の山見て見れば不思議な程
夜叉ケ池方向の谷が奇麗に見えました。
(かなりロマン有り杉)

投稿: HaaLeechu | 2013年5月18日 (土) 20時33分

マサヒさんおばんですぅ♪
今日は週間予報よりも天気が良かった
ですね。鈴鹿エンデューロに出ましたが、
暑くてかなり日焼けしました(^^)

名神の大垣東という分岐は知りませんでした。
大垣ICだと思って入ってしまい、大垣の
中心地を一回りしました(苦笑)

帰りにお千代保稲荷の道路標識を見つけ、
懐かしかったです。串揚げ食べに行きたいです!

投稿: YAMA | 2013年5月18日 (土) 20時47分

タマチャリンさん

百々ヶ峰の北側から登るルートは四季の森からが殆どの人で遊歩道ルートです
自分は東海自然歩道ルートのキツメのルートで登っています
たまにこんな遊歩道になります
松尾池に下りるルートは完全に登山ルートで両手を使う岩場もあります

熊には遭わないようにするが一番です
自分は熊鈴をつけています
戦う気は全くありません
勝てるわけ無いですから
でも遭遇して向かってきたら死んだ振りよりは殴ってやるでしょうね(笑)

投稿: マサヒ | 2013年5月19日 (日) 09時49分

HaaLeechuさん

神戸町の庄屋さんのところにいかれましたか
デンベエさんの家で自分は夜叉ヶ池の本を2冊買いました
現実と伝説が一緒になった不思議なところですね
宗家と云われています
坂内のほうが神秘的に見えましたか
絶対に夜叉ヶ池は美濃の話で越前の話ではないと庄屋さんの家を訪れると思いますね

投稿: マサヒ | 2013年5月19日 (日) 09時52分

YAMAさん

鈴鹿のエンデュロイをやってこられたのですか
相変わらずタフで挑戦的で凄いですね
中部縦貫道の新しいルートに入ってしまったのですね
あのルートは一部開通区間でそれ程有用ではないです(^-^o)f
おちょぼ稲荷の標識ですか
一緒に行きましたね ミレさんも一緒でしたね
今度はグルメでおちょぼ稲荷ですね

投稿: マサヒ | 2013年5月19日 (日) 09時55分

死んだふりは絶対に駄目らしいですね。
死体を食べる動物ですから、、。
私も熊鈴と自転車のベル連打!
それでも不安な時は大声です!
これで大抵逃げるらしいですね。
熊に遭遇した人のあるブログでは
思いっきりキックしたら上手く顔面に入って
母クマは子熊を置いて一目散に逃げたそうです。
山に入るというのは結構な覚悟が必要なものですね。

投稿: タマチャリン | 2013年5月19日 (日) 10時47分

タマチャリンさん

死んだふりは絶対に駄目ですね
ツキノワグマは多分 多分ですけれど出会いがしら以外だったらツキノワグマのほうが先に気づいてこちらを避けてくれるでしょうね
北海道で無いのでヒグマはいないのが幸いですね
蹴りを入れて当たって熊が逃げる
子を置いて
分かります

福岡大学ワンゲル部の事故で興味本位の羆の怖さ
ユーチューブでもNHKの番組だったかな・・・
見られますね

投稿: マサヒ | 2013年5月19日 (日) 13時19分

マサヒさん
こんばんは、このスタイルいいですね!
昨年、広島の家内の実家ですいかの収穫してる時に
この竹の帽子をかぶったのですが
おそるべし涼しさ!
夏山に行くのと街道歩きにはもってこいです。
京都のホームセンターにいきましたがありませんでした
こんど田舎の方のホームセンターいってみようと・・・
熊にあったらザックからたべものを投げて気をそらせて
荷物をひとつひとつ、捨てながら時間かせぎして逃げる
のが一番だと思います。
あと事故のときにたく発煙筒もくくのではないかなと
思います。

投稿: ken | 2013年5月19日 (日) 18時42分

kenさん

この頭にかぶる三度笠の小さいのは街道歩きにも良いかもしれませんね
意外と信州などの小さな店に売っているかもしれませんね
師匠は土曜に登って見えるので会った時に聞いてみましょうか
熊は基本的にはkenさんと自分は同意見で駆除するべきだと思いますね
鹿も同様だと思います
狼が絶滅した時点で天敵のいなくなった鹿は絶対に駆除するべきです
鹿をするなら当然に熊も駆除するべきです
それで生態系は逆に守れます
熊も鹿も居ない大きな島が豊かな自然を維持されている日本の大きな島があるのをみなは知らないのでしょうかね・・・

投稿: マサヒ | 2013年5月19日 (日) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花房山はいつになるかなぁ | トップページ | 根尾の入り口まで »