« 蕎麦粒山 | トップページ | グラスのモーニング »

2013年8月15日 (木)

蕎麦粒山廃道ルート

25_8_15_1

工事ゲートの登り初めからこんな状態 (;´Д`)

 

25_8_15_2

崖崩れのルート  この上に高巻きの迂回ルートが遭った (;´Д`)

 

25_8_15_3  

ほぼこんな状態で朝露が酷くロングパンツも靴下も下着もびしょ濡れで肌にまとわりつく
大泣き  (;´Д`)

25_8_15_4
アスレチックと思えば楽しい (´∀`o)

25_8_15_5
五蛇池山との分岐から蕎麦粒山までの薮漕ぎ
昔は刈り込みされていてこんなに酷くなかった 
鞍部から蕎麦粒山取り付きで戻ろうと思った (;´Д`)

25_8_15_6

石楠花の薮漕ぎは大した事なかった
って言うよりネマガリダケの薮の酷さが悪すぎた (;´Д`)

25_8_15_7

ようやく戻ったがこの手前でルートを失って20分ほど悪戦苦闘 (;´Д`)

思うに・・・

暑いのもあって2Lの南アルプス天然水が無くなりかけたが沢水で補給
タンネの会の板から1時間以上の廃道で暑さと草の中の蒸し暑さ
決定的は・・・
3日前にCAAD9での池田山クライム 昨日の76キロのCAAD9でのラン
これで普通なら休養日にしなければならないのに (;´Д`)

 
 
 
 

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

|

« 蕎麦粒山 | トップページ | グラスのモーニング »

コメント

廃登山道に行くなんて凄すぎですよ
私には到底真似出来ませんよ

投稿: タマチャリン | 2013年8月15日 (木) 08時16分

おはよう御座います

その昔この辺りは根曲がり竹が凄いので滅多に人が近づかず、
よってその筋のお方達の短銃の射撃練習場に成っていたらしく
この山で出会う人は刑事かやくざかのどっちかだったらしいです。
(空薬莢や的に使っていた空き缶が散乱していたとか)

*最近は低山の薮の中でマリファナ栽培している奴がいるので
結構若手の刑事が見て廻っていると言うのも有ります。

足が良くつる人はポカリを携行と良いとさ。

投稿: HaaLeechu | 2013年8月15日 (木) 10時23分

タマチャリンさん

一度登ってる山ですから廃道林道でも平気です
これが初めてなら西峰から登っていますよ(^-^o)
万が一の装備を持っています
誰でも出来ますって!!

投稿: マサヒ | 2013年8月15日 (木) 16時23分

HaaLeechuさん

凄い事を知っていますね
さすがに元警察官だけありますね
どれ位奥までその筋の方は入って来られたんでしょうね
多分 今ではその筋の方も刑事もこんなところに入ってこないでしょうね
マリファナは普通に昔は栽培されていましたね
只の麻
ポカリスエットはMTB登山のときだけにしています
カロリーが高すぎます
低山登山では水と塩と塩飴で充分でしょう

投稿: マサヒ | 2013年8月15日 (木) 16時26分

マサヒさん
このルートに、山ガール、山ガールもどきおやじスパッツカラフル軍団を連れていってやって山をあきらめさして
ください(笑)
あいつら山をなめてます。
今秋、奥美濃の山御願します、とりあえずくらいついて
登ります。

投稿: ken | 2013年8月16日 (金) 00時36分

kenさん

蕎麦粒山のブログで「休日は山の中」で山ガールなら泣き出してしまうと書いてあります(笑)
奥美濃の山は山ガールのくる山ではないですね
北アルプスのほうがずっと安全ですね
でも奥美濃の山のほうが良いです

秋にですか
今月でも来月でも良いですよ
奥美濃の山でまだ行ってない所に誘います
来ます??(笑)

投稿: マサヒ | 2013年8月16日 (金) 08時35分

このルート、ホントに山ガール、山ボーイには泣きが入りますよ。
このような所に入る時って、やはり山用のズボン(ゴアテックス)でないといけませんね。
今の山ガールが着ているようなファッションでは無理のように思います。

朝露の防止には、シューズをすっぽり被せる足ぼそ?みたいなのが必要ですね。
山の道具も色々…。
いやぁ、ファッションで山歩きするものでは無いですよ。(TT)

投稿: hiro | 2013年8月17日 (土) 12時12分

hiroさん

意外と今の山ガールはこんなところにも入るかもしれません・・・
って言いながら奥美濃の山は誰とも合わない事もあります
蕎麦粒山も誰一人合間船でした

ゴアのズボンは濡れに強いから良いですね
でも薮で敗れたら怖い(^-^o)

スパッツも必要ですね
濡れ対策と山ヒル対策を兼ねてですね

投稿: マサヒ | 2013年8月17日 (土) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕎麦粒山 | トップページ | グラスのモーニング »