« Santa-Cruz | トップページ | 山頂でランチ »

2014年5月 8日 (木)

やっぱり山の中

出勤していても次の土曜か日曜は山にMTBなんて考えばっかり (^∀^o)
行く前は不安
たとえ大茂山でも登り始めの薄暗い杉林を思うと憂鬱になる
貝月山なら熊が怖くなる
鍋倉山なら山蛭が気になる
だけど登山道に入ったら不安が消えてしまう

 

26_5_8_1

本音を言うと「やまであいましょう」の「まるこしさん」のように奥美濃の山をいろいろやりたい
だけど勇気が無いので勝って知った山ばっかり
だけど同じ山でも登るたびに違った顔がある
山の中でMTBを担いで木々を見ていると心が落ち着く
新しい始めての山をMTBよりライド出来る知った山になっている
それも自分にあった山と思っている
大茂山に貝月山に鍋倉山にとても感謝している

今度の土曜は出勤
だけど日曜は腰痛だが大茂山辺りに行くんだろうな

工場に入っている塗装業者の社長が・・・
「マサヒさん また入っていたね」っと何度も言ってくる
鍋原のポケットパークに自分の車が停まっているのを見て・・・

 
 
 
 

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村

|

« Santa-Cruz | トップページ | 山頂でランチ »

コメント

私も行く前は不安です
杉の道も嫌ですし
薄暗い林道も嫌ですが
明るい尾根道に出ると楽しくなります
同じ所は行かないで、常に新しい所へいっても同じです
何度行っても不安です。
多分マサヒさんも行った事のない所へ行っても
知っている道と大して変わらないと思う筈だと思いますよ
何故なら私は少しでも雰囲気が悪かった道は、、
と言うより
大抵雰囲気が悪いので同じ道は
2度と行きたくないと思ってますから

投稿: タマチャリン | 2014年5月 8日 (木) 21時57分

マサヒサン
こんばんは、土曜日はひさびさに会社の若者と
奥多摩やってきます、ついていけるかどうか・・・
ひとりだとやはり、びびりながら歩いてますね。
奥秩父の甲武信の千曲川源流を秋に一人でいった
ときは登山者がすくなく、ものすごくびびりながら
登りました。
この前の奥多摩の熊目撃情報にびびりながら鈴ならして
登りました。
ああ・・・やはり小心者だ(笑)

投稿: ken | 2014年5月 8日 (木) 23時28分

タマチャリンさん

ソロでやっている人はそう思うのが普通でしょうね
団体登山で達成感があるのでしょうか
登っただけ です
初めての道でも何度やった山でも道迷いの心配度が減るだけで気持ちの悪さは一緒だと思います
自分がやったライドは最初は全てが初めてです
その中でライドの楽しめるコースを何回もやり直しています
MTBでライドできないコースはなんでしょう??
ライドの楽しみのために山に入ります
くどいですね(笑)

投稿: マサヒ | 2014年5月 9日 (金) 20時43分

けんさん

ソロは全てのリスクを自分がしょいますね
だから臆病にもなるし怖くもなる
ソロの人の記録は団体登山の記録より尊いと思います
山の会で登った山は危険を感じないし達成感も少ない
準備をしない登山です
熊や猪 殆ど遭わないですがソロはリスクが高いですね
ソロは高貴で美しいと思います

投稿: マサヒ | 2014年5月 9日 (金) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Santa-Cruz | トップページ | 山頂でランチ »