« L121番鉄塔で会話 | トップページ | CAAD9で根尾の入り口まで »

2014年5月 5日 (月)

ロックショックのエアー

26_5_5_3

ロックショックのリーコンゴールドのエア入れ
アンカーの資料の中にロックショックの説明書が無い
確かロックショックのシールがあったので失くしたかもしれないね
仕方ないのでネットでPDFを探した

 

26_5_5_4

当然に英語

エア入れの外しを勘違いして外したら一気にエアが抜けた
アホだった
摘みだけ外せば良いものを(^-^o)

 

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村

|

« L121番鉄塔で会話 | トップページ | CAAD9で根尾の入り口まで »

コメント

自分のアンカーはveloに引き取りに行った時
分厚いサスの説明書を手渡されましたが.............
(ちなみに岩ショックでは無いです)

エアーの肝はバルブの取り外しの時の漏れなので注意が必要ですね。
(書かれて見える通り順当に作業すればokです)

あとはmax値に注意して自分の好みにすれば良いので
カタログ値は単なる目安にすぎません。

マサヒさんの使用環境なら
ちょっと柔らかめにしといた方がベストかも。
フロントが地面から離れた時サスが伸びきる早さも気にしてください。

投稿: HaaLeechu | 2014年5月 5日 (月) 10時56分

HaaLeechuさん

狐ですか
自分のロックショックは今日説明書を探しましたがやっぱり有りませんでした
フォークの分解はかなり面倒ですね
そこまでやる必要があるのかなって思います

亀とウサギ 分りやすいですね
リバウンド 自分は亀のほうかしら
アンカーを乗らないと
メンテが簡単なフルリジッドとVブレーキのビゴーレって今更ながら素人の自分向きだと思っています

MTBは難しいです

投稿: マサヒ | 2014年5月 5日 (月) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« L121番鉄塔で会話 | トップページ | CAAD9で根尾の入り口まで »