« 今日も出勤 一日中数字と格闘 | トップページ | 雨・・・やっぱり雨で雨  »

2015年2月28日 (土)

何故にキンドルボヤージュが良いか 黒い画集

どうしてキンドルボヤージュで本を読むのが多くなったか・・・
一番は文庫本よりも薄くて軽くて文字が鮮明
それに無料の読みたい本が多くある

27_2_28_2

絶対に紙の本よりも白い紙に黒いインク文字で鮮明
重さも軽くて薄くて持ちやすい
オリガミが重いと思って皮のスリーブを買ったが結局はオリガミを使ってばっかり
オリガミからボヤージュを外して読んでいる

読む本は年寄りなので青空文庫の明治から昭和初期の作家ばっかり
特に島崎藤村には・・・嵌っている

松本清張の「天城越え」の入っている「黒い画集」を買った
値段は950円くらいだった
これも大学時代に読んだが読み返したと思って購入
場所も取らないし・・・
キンドルは素晴らしい

 

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村

|

« 今日も出勤 一日中数字と格闘 | トップページ | 雨・・・やっぱり雨で雨  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日も出勤 一日中数字と格闘 | トップページ | 雨・・・やっぱり雨で雨  »