« 織部の里のモーニング ライド後に | トップページ | 橋の溶接はどうして工員に分るか  焼酎もらった »

2015年3月29日 (日)

ちょっと安心か とある橋の業務

自分の発注した材料が間違いなく製作できるか・・・
それりゃねぇ・・・ 心配で心配で・・・
原寸処理もそうだけど下請けが間違いなく製作してくれてるか
運ぶにしてもシャーメーカーから直接に納入してる
曲げもDXFを読めない加工メーカーだから紙ベースに3次元で漫画を書いて・・・

27_3_29_4 
STKの曲げもロール曲げは出来ないって・・・
これが分ったのが1ヶ月前
焦った・・・
高周波で曲げてもらうにも内側は波打つのが条件
中にVPの配水管を通すだけでSTKは主桁内に入るから見えないので了承
実際は写真の通りに綺麗に曲がってる
じゃぁ・・・ 主桁のUFRGとRWEBの穴に間違いなく入るか・・・
DXFを自分で書いて発注
写真主桁のWEBや縦リブも自分で・・・
ソフトブリッジのデーターをそのまま下請けに渡しても理解できないのが辛い

 

27_3_29_3

一番メインの箇所
だけどソフトブリッジから溶接が現実には出来ないところがあるとの指摘
確かに・・・その通り
だけど・・・ それをコンサルや関係者に分らせるのが難しい
橋の図面を書く人でも製作順序にはそれ程詳しくない
結局 三次元で組み立て順序を書いて溶接付加のところを分るように書類を作った
5ヶ月前の事・・・
それでソフトブリッジを社内外注のTさんとで方法を考え承認を取ってここまで着た

Tさんから焼酎をもらったのね
パイプは・・・
「マサヒさん 違いをどこで見るの・・・
 ダブリング 結局出てきたので付け直す?」
もうねぇ・・・ アタイを虐めないで
 
こんな業務を一人でやっている
工場の製作に関わってる人の数は・・・正確には分らない
だけどYちゃんやTさんが居るからやれるだけ・・・
社員・・・ 全く理解できないし関わらないように逃げているばかり
情けないが実情

 

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村

|

« 織部の里のモーニング ライド後に | トップページ | 橋の溶接はどうして工員に分るか  焼酎もらった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 織部の里のモーニング ライド後に | トップページ | 橋の溶接はどうして工員に分るか  焼酎もらった »