« 土日は休みなし (;´Д`) | トップページ | 金客源でランチ 出勤だったのね »

2015年12月 5日 (土)

会津の心

日本人の規律
親を思い他人を思いやり世のためになりたい
美しく生きたい
でも 一方で自由が良い
他人に束縛されたくない
国にも束縛されたくない
フリー 自由と違ってフリーでいたい
相反する考えのようだが自分には同じ考え
佐幕の思想は分る
神州の天皇を思いやる心は納得できない
論理的でないのは分っている
己の立ち処は国で無く己の個
個が大事の思い出 国に従属して学びもせずに国に従い戦争にも反対しないのを馬鹿という
なんで世間はアホと馬鹿ばっかりだと嘆きたくなる
当たり前の事が分らない馬鹿ばっかりの国だろうか
寄らば大樹は卑しい心
だけど寄らば大樹の輩ばっかり
熱狂的な長州の心も分る
一途で直向な会津の心も結局は長州と同じ
だけど・・・
開国を敵として尊皇攘夷を唱えた薩長は自分には納得できない
大勢は自ずと個人の意思に係わらずに決まると思う
矛盾だらけの・・・書いている事
体制に 大勢でも良い には従いたくない
あくまで個
だけど国の美しさも尊びたい
国の美しさはアホの一国の総理が軽々しく言うような国とは違う
神 靖国の30m程度上空に漂う神は認めない
絶対的な神 だけど真理を司る神も認めない
現実に生きている人物に係わる神は絶対に認めない
それよりも己の個を大事にする
結局は美しい心の個そんな個には自分は絶対に無理だなぁ・・・

 

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村

|

« 土日は休みなし (;´Д`) | トップページ | 金客源でランチ 出勤だったのね »

コメント

会津のこころはほんとに日本人が大事にしたいですね。
天皇をあれほどもまで神格化したのは明治以降です。
結局は国民をうまく支配したいがための作戦に天皇が
利用されてるということだと思います。
国・・愛国心・・この言葉ほど胡散臭いものはないと思います、愛国心の名のもとどれだけの日本人が死んでいったかどれだけの日本人が貧困を我慢したのか・・その時に
支配者層はどんなにいい思いをしていたのか・・
戦争なんぞ所詮支配者階級の為の被支配者階級が殺し合い
をすることです、結局死ぬのは両方の国の支配されてる人々。
究極的には国は必要あるのかとか思いますね、国ではなくて自分をそだてた故郷とその人々が大事で国家に尽くす必要は何もない。
国の為になにもすることはない、その為に税金払ってる
んだから必要以上の貢献は必要ないですね。

投稿: ken | 2015年12月 5日 (土) 22時19分

kenさん

自分はkenさんより幕末の事はずっと遅くです
最初は長州が好きだったが今は会津の心です
改革は勢い
だけど守旧でも命がけの思想持っての守旧
恩を仇で返さず恩を思い続けることが日本人の心でしょうね
会津の心でしょうね
幕末は薩長側の立場で書かれた書籍が多いのは仕方ないでしょう
だけど会津の立場になれば慶喜はただの臆病な日和見の将軍って事がでしょうね
竜馬は慶喜を褒めましたが自分は軽蔑です
国 必要なんでしょうかねぇ
必要は必要
だけど それに見合った政府がない国は・・・です

投稿: マサヒ | 2015年12月 6日 (日) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土日は休みなし (;´Д`) | トップページ | 金客源でランチ 出勤だったのね »