« 登山者が多かった大茂山ライド | トップページ | 徒然に »

2016年2月 7日 (日)

何度も読んでみる 坂の上の雲

坂の上の雲 司馬遼太郎の小説で分りやすさでは一番だと自信もって言える
二回目を再読しているが一層分りやすい

28_2_7_3

幕末から大正に至る小説が大半の司馬良太郎
それで充分だろう
昭和の終戦までの小説は半藤で充分だろう
二人の小説家は反体制派だと言える
アホノミクスの安倍首相は発言するほど知識の無さを露呈している
お前に総理を批判出来るかと言われても・・・
出来る って言える
勉強しているって言える
何事にも突き詰める性格に生んでくれた両親に感謝してる

少し違った意見を言われて自分の考えを直ぐに変えるような浅はかさを持っては駄目
違った意見は一見正しいようにみえても・・・ 
そこで思慮すべき
思慮しなければ馬鹿と一緒
情けない人になりたくない


にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

 

にほんブログ

 

|

« 登山者が多かった大茂山ライド | トップページ | 徒然に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 登山者が多かった大茂山ライド | トップページ | 徒然に »