« 赤線が道幅 | トップページ | 出勤でフジヤマ55と徒然に »

2016年5月12日 (木)

今西錦司の本

28_5_12_1

キンドルで今西錦司に関しての本を買っている
そうなると梅棹忠夫の本も買ってしまう
今西錦司さんは岐阜大学の総長で美濃の山に馴染み深い
って言っても美濃の山の紹介本で先生の名前を見る
全く世間的には関心がないであろう本だが面白い
京都を語る本
京都 独創的な町
嫌いな人も好きな人も多いが嫌いを装いながら好きな人ばっかりだろうな
アタイも京都は大好き

 

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

にほんブログ村

にほんブログ村

|

« 赤線が道幅 | トップページ | 出勤でフジヤマ55と徒然に »

コメント

今西錦司さんの本ですね。
今西さんは京都の北山をこよなく愛した人で今はもう
使うことのなくなった、麗杉荘のそばにレリーフがあります、以前冬に北山を歩いた時にブログにアップしました。
京都・・生まれた町ですが、関東の生活が長いせいか
水がどうも関東にあってるような感じがしますが・・
けど寺をお参りしようと思うとやはり京都でないといけないですね。

投稿: ken | 2016年5月14日 (土) 22時00分

kenさん

進化論の権威で京都大学
それと奥美濃の山に深い人です
なんでか京都大学の日本産学会関係の人の本を読んでいます
京都 良いじゃないですか
応仁の乱が先の戦争
すばらしい
それと幕末の舞台です
これも素晴らしい

投稿: マサヒ | 2016年5月15日 (日) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤線が道幅 | トップページ | 出勤でフジヤマ55と徒然に »