« 午前中から降り出しそうで日曜日 | トップページ | 伊吹山に登ってきた »

2018年6月11日 (月)

淡墨桜公園で継体天皇

30_6_11_1
土曜はハイゼットトラックで根尾までドライブしてきた
マグニチュード8は営業止めちゃったんだろうか
俺に売ってくれれば営業を続けてやる
 
30_6_11_2
淡墨桜公園で石碑にある歌を見つけた
継体天皇の歌
 
身の代 と 遺す桜は 薄住よ 千代にその名を 栄盛へ 止むる
以前にもこの詩を読んだし継体天皇の詩とも知っていた
だけど継体天皇って・・・ 知らなかった
でもね
今は継体天皇を知っているし継体天皇の本を買おうと思っている
福井の豪族で5代遡って天皇家に繋がる
一般的に5代先って赤の他人と一緒だね
皇后は武烈天皇の姉
だったら武烈天皇の姉を皇后にしただけでも天皇家だと思うがね
この歌も本当に継体天皇の歌かって・・・ 分からない
根尾に継体天皇がいたって・・・ 分からない
現天皇家の血統は継体天皇から始まる
日本史って面白い
どの時代も面白く思えるようになってきた自分が嬉しいね
 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村

|

« 午前中から降り出しそうで日曜日 | トップページ | 伊吹山に登ってきた »

コメント

継体天皇の歌

この歌は、歴史書や歌集のどこに掲載されているのでしょうか? 単なる伝説でしょうか?

投稿: 岩辻賢一郎 | 2020年7月 2日 (木) 20時48分

継体天皇の歌

この歌の出典(歴史書、歌集)は何処にあるのでしょうか?
根拠のない伝説なのでしょうか?

お分かりになれば、ご教示ください。

投稿: 岩辻賢一郎 | 2020年7月 2日 (木) 20時51分

岩辻様

返事が遅くなり申し訳ありません。
歌は根尾の淡墨桜公園に置いてある石に書いてあります。
継体天皇が実在の天皇で現天皇の血の繋がった天皇で福井県の出身
武烈天皇から何年くらい天皇がいなかったか
伝説か史実か分かりません

投稿: マサヒ | 2020年7月 5日 (日) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 午前中から降り出しそうで日曜日 | トップページ | 伊吹山に登ってきた »