« 特別警報発表中で谷汲大橋を渡ってすぐに帰ってきた 臆病 (;´Д`) | トップページ | なんで数学をやっているかって »

2018年7月 7日 (土)

読書百遍意自ら通ず 理系では通じない

30_7_7_3
 
満願の湯に行く前に微積分の定義を紙に書いていた
微積分の定義を年食ってから って 最近だけどね 
数か月前から数学をやり直している
ほんで微積分の定義を自分なりに或る程度まで理解できたと思える
ほんでね
読書百遍意自ら通ず  なんて諺ってか 言葉があるよね
これって 数学や物理には通用しないよね
理解できなければ 何度読んでも理解できない
数学は理解しないと先には進めない
これって理系の俺には当たり前
数学を読んで理解するか書いて理解するかは絶対に書いて理解するが正しい
頭の良い人は読んで理解できるかもしれない
だけど俺は書いてしか理解できない
まして 「読書百遍意自ら通ず」  有りえない
数式の証明を進めて理解できない所から先は絶対に理解できない
理解できれて証明されれば数学は美しく思える
俺は高校数学の初歩の初歩も積分の微分はf(x)が理解できたつもりでいただけ理解して無かった
高校と大学時は微積分の定理を完全に理解せずに微積分の方法を勉強していただけだ
年寄りになると定理の証明が大事で証明されての方法なんて興味ないね (´∀`o)
文句あるかってね (´∀`o)
 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村

|

« 特別警報発表中で谷汲大橋を渡ってすぐに帰ってきた 臆病 (;´Д`) | トップページ | なんで数学をやっているかって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特別警報発表中で谷汲大橋を渡ってすぐに帰ってきた 臆病 (;´Д`) | トップページ | なんで数学をやっているかって »