« 一年振りの立花屋旅館 | トップページ | 今年は数学にも集中した年だ »

2018年12月30日 (日)

今年はSOに終始した年だった

30_12_30_1
 
ネットで探しても こんな写真は見れるはずない
躊躇いも有るが俺の今年を全て集約している写真だ
今年の3月半ばに案件に手を付けた
だけど本質的に大事な人を知ることが半年くらいかかった
直接の元請けの商社の担当は酷すぎた
頼れるのはSBのTさんだけだった
糠に釘の連続だ
質疑事項が理解できない人ばっかりだった
理解出来る様にSBの質疑を素人でも分かる様に紙に書いてPDFにして連絡しても駄目だった
日本一大きいと言われている橋梁会社の意向を大事にしすぎる担当会社
図面は出来ているが架設考慮をすると全く駄目だった
俺は案件を断るべきだと何度も会社に言った
だけど俺の言っている意味を理解できる上司なんていない
最悪は正組を受けてきたアホ
俺は支柱検査の時にJRに頭を下げて納期を間に合わすには逆組しかないと訴えた
多点支持なら正逆なんて関係ないのが大多数の人は分っている
だけど架設業者の意向を最優先する元請け
だけど俺の誠意は通じた
材料支給だったが自社の材料で行った方が良かった
ネスティングを俺がしたがロールをしないで市中材で手配すると言ってた
手配できるのかと半信半疑だったが結局は泣きついてきた
商社のアホに俺は何度も切れて最後には
「俺に電話して来るな!!」とブチ切れてそれ以来担当者の電話には出なかった
アホが中に入るとややこしくなって進まない
素人が橋梁に関わるべきでない
材料支給だが切断鋼材屋からの質疑は商社では分らないので結局はシャー屋の質疑は全て俺が答えた
グレーチングの質疑も直接俺がした
三日前にSBのTさんが来て感心された
思うに
分かる数人で事を運べば良いだけ
元請けの副所長とSBのTさんと俺だけが最初から連絡出来て進めていれば此処まで苦労する事は無かった
上げ腰やキャンバー計算が理解できないアホが関わるべきでは無い
質疑事項を理解できない人も関わるべきでない
順序を考えて応答するが理解できないのが途中にいると そこで止まる
素人が橋梁の設計から原寸から製作なんて理解できるはずがない
アホからの連絡を 電話もメールも全て出なかった
元請けも商社にXY軸が工場が間違えていて現場で対処したと商社に怒った
それを聴いて笑ったね
元請けが商社の担当者を虐めているだけだ
元請けからXY軸を間違えると大問題になるからPDFで知らせてくれとメールが来た
XY軸が逆転しても変わらないが俺はアンカーフレームにXY軸とABCDを記載した
大事な設置の時は架設が終わると俺に写真が その都度に送られてきた
最後の今月の25日の架設が終わった時に感謝のメールが届いた
10か月 携わった東京の山手線のSOのバリアフリーの橋梁
今年は これが全て
MTBも十一月と十二月は行かなかった
怪我して業務を外れると元請けの副所長のIさんに申し訳ない
今日は満願の湯で東京と横浜の案件が終わってサウナで両案件を思っていた
MTBや登山よりも大事なのは携わっている案件だ
 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

|

« 一年振りの立花屋旅館 | トップページ | 今年は数学にも集中した年だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一年振りの立花屋旅館 | トップページ | 今年は数学にも集中した年だ »