« 上に有界な集合Mの上界には必ず最小値が存在する 意味を完全に知る事が | トップページ | 背理法に苦しむ »

2019年6月26日 (水)

関数の極限と数列の極限の関係

これが如何しても理解できなかった
今は理解できたけれどね
理解出来ない時にネットで調べたら田島一郎さんの解析入門をそのまま説明していたサイトが有った
Xnをanと変えていたりしてた
sin1/xの説明が解析入門を同じで俺が知りたかったことは書いてない
何かというとsinnπとsin1/xの違い
解析入門と同じ事しか書いてない
アホの俺にも分る様にさらに詳しく書いて欲しかった
sin1/xでは-1から+1の間を無限に往復するって事を書いて欲しかった
だからlim n→∞ f(x) は存在しない って事を説明し欲しい
田島一郎さんは そんなことまで書く必要ないと思っていただろう
だけど数学初心者には悩む
悩むのは俺だけかもしれない
知識のひけらかし そんなサイトは消えて欲しい

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

|

« 上に有界な集合Mの上界には必ず最小値が存在する 意味を完全に知る事が | トップページ | 背理法に苦しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上に有界な集合Mの上界には必ず最小値が存在する 意味を完全に知る事が | トップページ | 背理法に苦しむ »