« 解析入門での有理数と無理数の | トップページ | 上に有界な集合Mの上界には必ず最小値が存在する 意味を完全に知る事が »

2019年6月25日 (火)

田島一郎さんの解析入門 素晴らしい本

1_6_25_1


田島一郎さんの解析入門は素晴らしい本だと思う
解析概論は当分無理だと思う
でも田島一郎さんの解析入門は理解できる
イプシロン-デルタから解析に移行した
アホの俺にも100ページ過ぎまで何とか進めた
難しい専門書も大事
だけどアホの俺の様な初心者に現代数学の入り口を理解させてくれる このような本は大事
アホに理解させてくれる本が無ければアホには数学は触れるなって事
素晴らしい本だと思う
岩波書店さん 絶対に廃刊しないでくださいね
需要は少ないだろうね
もう一冊買おうって思っている
今学んでいる本がボロボロになってももう一冊手元にあるようにしておきたい
連続関数迄学んでも最初から学び直したりで読み返し書きかえして独習
頭脳明晰な人には物足りない本でしょうが・・・
だけどアホでも数学の解析を学びたい人には宝石のような本
俺でもイプシロン-デルタが何だって事が分っただけでも凄い
一生読み続ける本だ
この本に出合えた幸運を感謝したいね

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

|

« 解析入門での有理数と無理数の | トップページ | 上に有界な集合Mの上界には必ず最小値が存在する 意味を完全に知る事が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 解析入門での有理数と無理数の | トップページ | 上に有界な集合Mの上界には必ず最小値が存在する 意味を完全に知る事が »