« 田島一郎さんの解析入門 素晴らしい本 | トップページ | 関数の極限と数列の極限の関係 »

2019年6月26日 (水)

上に有界な集合Mの上界には必ず最小値が存在する 意味を完全に知る事が

1_6_26_1
今日まとめたファイル
定理の意味を完全に理解しないと証明が分らない
背理法の様な証明の方法
田島一郎さんの解析入門の写本
俺に分る様に子細に書いているが書くほどに田島一郎さんの本に近くなる
説明が簡略になると言うか当たり前の事に説明が付かなくなる
それでも本よりは説明が多い
田島一郎さんの解析入門は敢えて饒舌に説明してあるのに感謝したくなる
これでもかと子細に説明してある
こんな本こそが大事にされる本だと思う
分からない本は分る本より劣る
分からなければ意味が無い
解析の入門が分ってこそ先に進める
入り口と言うがイプシロン-デルタはいろんな本を読んでみてもサックと説明して終わり
イプシロンデルタで全てを解きながら説明してある
解析概論の前に ってか 解析概論を読む前に ってか 何を言わんつするか分かって
εδやら実数の連続の意味が分かった
大学数学の初等 
本当にこの本には助けられる
正確にはイプシロン-デルタに助けられて解析入門に助けられている

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

|

« 田島一郎さんの解析入門 素晴らしい本 | トップページ | 関数の極限と数列の極限の関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 田島一郎さんの解析入門 素晴らしい本 | トップページ | 関数の極限と数列の極限の関係 »