書籍・雑誌

2017年1月18日 (水)

方丈記

この国のかたち を読み終えた
一番感心したのは どうしてアジア進出をしたって事を明快に説明してくれた
それも数行で理解させてくれた
司馬遼太郎の聡明さが一番出ている
統帥権 その中の数行

ほんでね

次は方丈記を買ったのね
古典 古典でなく現代だと思うのね
人は昔と今とどちらが頭が良いかってのは 分らないね
時々による
現代は確実に明示より落ちるね

ネットって駄目なのかもしれないね
トランプでババを引いても引いたと思わないのがネットかもしれないね

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村

| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

この国のかたち 明日ダウンロード

28_12_8_1

明日 ってか 深夜にダウンロードできる
なんかねぇ  買ったのだけれど本屋で立ち読みして今更買う必要あるかなって・・・
司馬遼太郎の思う事 それほど深いような感じもしなくなってしまった
統帥権 だけど それだけじゃない
文庫本で空白の多さと字の大きさで実際の内容は本の三分の二程度の内容
こんなの6冊だといっても直ぐに読めてしまうし読み返す事も無さそうな気がする
坂の上の雲  この方がズットましで内容も深いって思うね

平家物語 ようやく半分を読み終えた
時間かかるなぁ
だけど 新平家物語より充実感があるなぁ


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村

| | コメント (0)

2016年11月23日 (水)

なかなか進まない平家物語の原文

平家物語の原文で「医師問答の事」まで来た
平重盛の死まで読んだが進むのが遅いね
仕方ないね
最低二回は読み直して現代語訳の本も読んで進めているから
平重盛と平重衡と敦盛 
魅力的な男達だね
まだ先は長い
木曽義仲や頼朝や平家の衰退で壇ノ浦まで先が長い
平家と源氏の物語は新平家物語を読めば十分だね
だけど新平家物語から入ると平家物語はどうなのかと気になる
平家物語に入る前の保元物語も気になる
気になりだしたら愚管書まで気になる
そして深い沼にハマる
平家と源氏にハマりっぱなし
義経 馬鹿と理性の両極端の解釈がある
平家物語では馬鹿の方かな
新平家物語では悩める理性
どちらが本当かなんて読む人が決めれば良い
でもね 新平家物語 愚管書 平家物語 保元物語 雨月物語 大鏡 日本史
それも一冊じゃなく何冊も読まないと源氏平家それに院政や天皇
理解できないね
CADとエクセルとVBAにズット熱中していたのに中世に興味が行ってしまった
過ぎた過去を調べて何になるって昔は思っていた
それより真理の方が大事と思っていた
でもね素人プログラムよりも過去の真実の方に興味を持っている
いつ それが変わるか分らないが過去の事をもっと知ってみようと思っている
なんか フラフラと年食っても迷っている

サンタ メーカーが代理店任せでは高すぎるね
トレックやジャイアントの方が良くなってきた
何のことやらねぇ・・・ (笑)

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村

| | コメント (2)

2016年9月19日 (月)

酒飲んで読書三昧

28_9_19_6

新平家物語を読み終えて日本史の本を買ってね
私本大平物語を読んでいる
吉川栄治の本で超長編
それが100円弱の値段で買える 破格ってか・・・
有難すぎるね
ほんでキンドル 商売うまいってか・・・
新平家物語を読んで平家物語を読みたくなる
読めるか・・・ 古文 でも読みたくなる
雨月物語も読みたくなる
そうなると鴨長明も西行も兼好も・・・愚管書さえも読みたくなる
読みたくなって  でもキンドル本なんて安いもの
平家 平清盛から頼朝 義経
この時代に西行から鴨長明まで一緒なんてね
キンドル 買わなければ一生知らずにいた
恥ずかしい
この国の歴史さえまともに知らずに・・・
幕末から昭和初期まではある程度知ったつもり
もう一度 読み直す必要はあるがね
今は武士の発生以前からを読んでいる
ストレートに日本史に入るのは難しい
予備知識として新平家物語は良かった
これで保元の乱から平家滅亡から義経の最後までの大まかは知った
でもね 徒然草 愚管書 平家物語 保元物語  まだまだ有る
どこまで読めるだろうか
読み始めが遅かったが読みだしたのが良かった
遅いが気づかず終わるよりは気づいて始めたのが良かった


にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村

| | コメント (0)

2016年9月 3日 (土)

新平家物語を完全に読み終えた

吉川栄治のキンドル本で新平家物語を完全に読み終えた
長かったが面白かった
一気に読み終えた しかし時間がかかった
毎日 2時間程度読んだが一か月以上かかったはず
史実を調べ史実に沿って創作が少ないと作家は語っている
日本史のキンドル本をも買った
現在は雨月物語を読み始めた
平家物語も買った
平将門も買った
ようやく日本百名山もキンドル化されて買った
櫻森 変換がうまくないが 買った

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村

| | コメント (0)

2016年8月30日 (火)

平家物語 本篇は読み終えた


28_8_30_1

新平家物語の本篇は読み終えた
長かったような短かったような・・・
誰が一番 自分に気になった生き様は平重衡
義経よりも清盛よりも平重衡の最後は感銘を受ける
法然上人に受戒している
頼朝に卑下せず頼朝を辱めているほどの態度
男はこうでないとね
 

それで 歴史を学んでなかった自分が情けない
興味ある幕末や昭和の戦前から終戦は本を多々読んだ
だけど平安時代は最近 読み調べだした
日本史は だから 日本史の本を買ってみた
好きなことは興味ある時に熱中して調べるが一番
今 日本史が面白い

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村

| | コメント (2)

2016年7月29日 (金)

日本百名山 深田久弥 キンドル本

28_7_29_1

ようやく深田久弥の日本百名山がキンドル本で発売された
予約していたので昨夜ダウンロードされていた
新潮文庫では持っている
だから買う必要はない だけど紙ベースでは読み難くなっている自分
キンドルの軽さと読みやすさ
雨月物語も買ったが新平家物語を読み終えてないので何時読み始めるかなぁ
日本百名山は黒部五郎を読んだ
好きな所から読めば良いので読みやすいね
明日も仕事だ
午前中に終わらないかと期待しているがトラックの一台は昼過ぎに来るから・・・
一日仕事だな
帰りにMTBのタイヤのホイールアライメントを調整に出してあるので引き取り
日曜はロード
夏は山に入りたくないね


にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村

| | コメント (0)

2016年7月23日 (土)

新平家物語 あと130時間 いつ終わる

28_7_23_6

キンドル本の新平家物語 分りやすくて面白い
かなり読み進めたが21%で読み終えるまで130時間
一日2時間読んだとして65日は二か月強
長い 長すぎる 値段は100円 安すぎる
破格 青空文庫からだが合本にして有難い
雨の休日だけをあてがっていたら一年でも読み終える事出来ない
新平家物語 平家のことと分かっていたが平家と源氏をあまりに知らな過ぎた
古きにも良いものが多い
早く読み終えよう
私本太平記も買ってある 新平家物語より長い
当分は吉川栄治にどっぷり
雨月物語も買ってある
本 キンドル本 安いし場所をとらないののが何より
ミニマリストには程遠いなぁ



にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村

| | コメント (2)

2016年7月 7日 (木)

本を読み終えるまで137時間

28_7_7_1

キンドルで吉川英治の新平家物語を買って読み始めた
かなり読んだが2パーセント
読み終えるまで137時間
長いなぁ
いつ読み終えることが出来るかしら
値段は99円だったと思う


にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村

| | コメント (2)

2016年6月12日 (日)

閑話一滴 水上勉

28_6_12_1

水上勉の閑話一滴 合本を買った
福井の原発銀座への意見 全うで京都などの都会のための電力と批判してる
水上勉は東北地震の福島原発の時には鬼籍だったと思う
チェルノブイリの事故を遠い他国と思った日本人は多い
自分もその一人だ
水上勉は違って福井の原発を憂いていた
素晴らしい知識人だと感心する

 

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/43ミニカー | Anchor | Apple | AutoCad LT | VIGORE | VIGORE 2012 | VIGORE 2013年 | VIGORE 2014年 | VIGORE 2015年 | VIGORE 2016年 | VIGORE 2017年 | オーディオ | キャノンデール | キャノンデール2013 | キャノンデール2014 | キャノンデール2015 | キャノンデール2016 | パソコン・インターネット | マイルス・デイビス | ミニベロ | ミニベロ 2014 | ミニベロ2015 | 三流グルメ | 写真とカメラ | 山の事 2009年 | 山の事 2011年 | 山の事 2012年 | 山の事 2013年 | 山の事 2014年 | 山の事 2015年 | 山の事 2016年 | 山の事 2017年 | 山の事 2010年 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 旅行・地域 2014 | 旅行・地域2015 | 日記・コラム・つぶやき | 日記・コラム・つぶやき2012 | 日記・コラム・つぶやき2013 | 日記・コラム・つぶやき2014 | 日記・コラム・つぶやき2015 | 日記・コラム・つぶやき2016 | 日記・コラム・つぶやき2017 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 月一山歩き隊 | 歩・宿場旅・・・ | 残しておきたい上方情緒 | 残しておきたい江戸情緒 | 美濃の国だより | 美濃の国だより 2 | 美濃の国だより 2011年 | 美濃の国だより 2012 | 美濃の国だより 2013 | 美濃の国だより 2014 | 美濃の国だより 2015 | 美濃の国だより 2016 | 美濃の国だより 2017 | 美濃の国だより 3 | 趣味のモノ | 近江の国 | 音楽 | 馬頭観音